<   2009年 12月 ( 9 )   > この月の画像一覧
So long, farewell, auf Wiedersehen, goodbye!
f0028197_9452752.jpg
ば「おなごりはつきませぬが・・・」

f0028197_945519.jpg
も「・・・ぼくたち、ねんねのじかんがやってきました。」

f0028197_9434040.jpg
もともと日本にいる両親へDackiesを通して私の日常生活を知らせたく始めたこのブログ。それが世界のあちこちからコメントをいただき、その内の数名さまと実際にお目にかかることができましたのは予想外に楽しいことでした。あまりの楽しさにこのまま続けようかずいぶん迷いましたが、ここは開始3年を区切りといたしたいと思います。

遊びにきてくださった皆さま、楽しいコメントをくださった皆さま、ありがとうございました。どうぞよいお年をお迎えくださいませ。

by dackies | 2009-12-27 10:00 | Dackies
Beware of Quiet Barney
目が回りそうだった1週間もようやく終了! 明日、明後日はいろいろ予定が詰まっているので、今夜ぐらいはのんびりしましょう、と湯浴みをし(まだお日様の出ているうちにお風呂に入るのって「湯浴み」っぽくありませんか? え、そんなことない??・笑)、クリケット中継に夢中なオットを階下に残して、Dackiesと一緒に2階の趣味の小部屋に引き取りました。

f0028197_1954295.jpgCDをかけながら、ネットで少々買い物をしている間、「こぐまのMonty改メこじかのMonty」(写真内赤丸で囲んだ辺りが最近ブロンド化し始め、鹿の模様のようなんです)は膝の上で甘え鳴き。

重い・暑い・迷惑なのですけど、かわいくて下ろせません(←親バカ・笑)。

買い物を終えて、「あら、Barneyは?」と思って振り返ると。

f0028197_1963718.jpgば「・・・(いっしんふらん)・・・」

いつもは「ぼくもおひざにのせてください」とよじ登ってくるBarneyが、やけに静かに一人ひとり遊びをしてると思ったら。


f0028197_198425.jpgば「・・・(いちいせんしん)・・・」

あっ! それは月曜日支払いの請求書!! 慌てて取り上げました。


f0028197_1920481.jpgば「・・・いっこくせんきん・・・しょぎょうむじょう・・・」

puppyの頃から紙を食いちぎる(一部食用・汗)のがお気に入りなのはわかってますけど、立てば口が届く高さに請求書を置いておくMummyもいけないですけど、そんなうらめしそうな目で見ないでください(汗)。

by dackies | 2009-12-18 19:29 | Dackies
Today's entry is presented by ...
f0028197_2072824.jpg
も「みなさま、こんばんは。ブロガーMSダックスのMontyです。Mummyはこんやもおつかれのようなので、ぼくがこうしんをもうしでました。こうしんごはpawmatherapyをしてあげるよていです♪」

まあ、なんて親孝行なMSダックスなんでしょう。ご褒美は何がいいかしら?

f0028197_18101124.jpg
も「ごほうびですって?? それってもしかして『ほうしゅう』のことですか? 『ほうしゅう』はもちろんレバビでいただきます(きっぱり)。レバビ、なんまいいただけるかしら・・・? 1ダースとかいただけちゃったら、どうしましょうY?Y?Y

あら、12枚でいいの? なんて謙虚なMSダックスなんでしょう!

f0028197_20103113.jpg
も「Mummy。レバビ1ダースともうしあげたら、それは12ふくろがおやくそく、というのがせけんさまのじょうしきでございますよ。」

う・・・おぬし、Barneyに入れ知恵されたな・・・それにしても、昨日レバビ大袋1ダース注文したの、いったいどこから漏洩したのかしら?

by dackies | 2009-12-17 20:11 | Dackies
Is this the first of April??
悲劇はシドニー時間午後6時34分にブリスベンから着信したeメールで幕を開けました。
f0028197_20492164.jpg
「愚か者」に向けて追跡機能付ミサイルを発射したいところですが、彼を殺しても問題は解決しないので、とりあえず「コレハえいぷりるふーるカ?? (1)アスノアサデハオソシ。30プンイナイニダイカエヲヨイサレタシ。(2)INT1ハアスノアサ、ナンジフッキュウノミコミカ?」と返信した後、日本語で思いっきり「バカヤロー!!!」と叫んだのでした(ああ、すっきり・笑)。

言ってみるものですね。代替は15分で準備されたのですが、テストしてみれば動いていない機能がてんこ盛り。「これとこれとこれが使えないと明日のプレゼンの意味がなくなっちゃうので、今夜中に動作確認してくださいね(にっこり)」とメールを打ち、さらに電話でメール受信を確認し、報告書をまとめてオフィスを出たのは22時30分過ぎでした。今週から楽になると思ったのに(涙)、これは今夜もHealing Dackiesに癒してもらわないと・・・とタクシー(←会社持ち♪)で帰宅したら。

f0028197_21263020.jpg
まさかの「準備中」! ああ、今夜はMontyの足まセラピーとBarneyのバニバニのデラックスコースを入れたかったのに(涙)。

明日は始発で出勤する予定なので、寝ます。あ、寝る前に「Healing Dackies DXコース予約」と明日の予定をアップデートしとこうっと(笑)。

by dackies | 2009-12-15 21:36 | Sydney Life
Where's our blog??
f0028197_1836588.jpg
ば・も「いったいどこにいっちゃったんでしょう、ぼくたちのブログ・・・」


f0028197_18374363.jpg
ば「ものおきのうえかしら・・・?」
も「このへんにかすかなにほゐがのこってます。」


f0028197_1838567.jpg
ば・も「ねんのために、クロスチェーック!」


f0028197_18384611.jpg
ば「ここにはないようです。」
も「このはっぱのしたにもあやしいにほゐが・・・」


うっ・・・ごめんなさ~い(汗)。先週は地獄の1週間だったので、更新さぼっていただけなの(涙)。

飼い主(ツマ)と先輩がその前の2週間で終わらせた仕事の全てが「方針の変更」のため全部やり直しになっちゃいました。2週間分の仕事がおしゃかになったのは腹立たしいですが、こういうことでぶーぶー怒っても仕方ないこと、それよりさっさと終わらせちゃいましょ、と、根本的に能天気な飼い主(ツマ)はせっせとやり直しを始めたのですが、治まらないのは先輩! もんのすごく不機嫌な顔で2分毎に溜息をつき、ともすると爆発しそうになる(って爆発してたけど・笑)彼女をなだめすかし、おだて笑わせながら自分の仕事も終わらせるのに、普段は「トイレの100ワット」と呼ばれる飼い主(ツマ)もさすがにエネルギーを使い果たした1週間でした。
f0028197_1991612.jpg
も「Mummy、おつかれさまでした。Healing Montyがていきょうするpawmatherapyでリラックスしてくださいね。」

ええ、もう嗅ぎっ放しの1週間でしたよ(笑)。今日から峠が見えてきたので、も少しマメに更新します。

by dackies | 2009-12-14 19:17 | Sydney Life
Boating Daddy
気持ち悪いほど(笑)お腹がいっぱいになった飼い主sはたぶん他のお客さんを迎えに来たボートを横取り(!)して宿に戻りました。お腹を超えて脇の下辺りまで「お腹いっぱい」で、横になっても立っていてもすさまじい胃もたれに悩まされた飼い主s。ごく普通のロケーションだったらその辺りを歩き回って胃を落ち着かせることもできますが、なんせ水際にへばりつくように建てられたB&B&Bですから、歩けるのはベランダ5m+桟橋5mぐらいなもの。腹をもって知った教訓は:

オ「ワインでメニューを選ばない(汗)。」
ツ「流しちゃうぐらいなら4品で十分(悔)。」

ちなみにごく普通の胃容量の方でしたら3品、デザートは別腹の方でも3品プラスデザートの計4品で十分と思われます。

唸りながら眠りについた一夜が明けて、ベーコンと卵とトースト、紅茶にオレンジジュース(だって目覚めたらお腹が空いていたんですもの・爆)の朝ご飯の後は、B&B&Bのボートで付近の探検に行きました。
f0028197_18573168.jpg
約25年前にカナダでこの手のモーターボートの操縦を覚えた飼い主(ツマ)ですが、そんなことはおくびにも出さず、運転は緊張感満々のオット任せで景色を楽しみます。

f0028197_1936279.jpg
少し余裕が出てきたようですね?

1時間ほどボートを乗り回し、「今度は2泊にして、2日目は釣りなんかしながら過ごすのもいいかも」と宿に戻って、シャワーを浴びて、荷造りして、軽くお片付けをしてチェックアウト。でも、そのまま現実シドニーに戻るのがもったいなく、昨日のカーフェリーで対岸に行ってみることにしました。
f0028197_1935695.jpg
最前列ゲットっ!

200mほどの距離を2分弱で渡って、対岸のカフェでコーヒー・・・のはずが、お昼も近かったので、フィッシュ&チップスとワインでランチ突入・・・ええ、もうこうなったら食い倒れてやりますよ。東京人ですけど。
f0028197_19647.jpg
ポテトはさすがに断念しました。どうしてフィッシュ&サラダっていうオプションがないのかしら? やっぱり語呂が悪いから? じゃあ、フィッシュ&ライスは?? とか、リタイヤ後ここに住めるか(結論「住めない」・笑)とか、聞くに堪えないレベルのおしゃべりをしながらランチの後、しぶしぶ現実シドニーに戻り、Dackiesを迎えに行ったのでした。

f0028197_19105227.jpg
ば「・・・(ぼくもフォワグラとか、なまハムとか、マスとか、カモとか、ラムとか、チーズとかいただきたかったのに、あんなところにおしこめてっ!)・・・」

も「・・・ぼくもおともしたかったな・・・え? おさんぽできるりくちがないんですか? じゃあ、ぼくはえんりょしときます」

by dackies | 2009-12-05 16:25 | Sydney Life
Berowra Waters Inn
お昼寝から目覚めて、シャワーを浴びてさっぱりしたところで、そろそろ夕ご飯のお迎えの時間です。そう、このレストランも車ではアクセスできないので、ボートでお迎えにきてくれるのでした。あ、ランチだとシドニー東部地域にあるRose Bayから水上飛行機で往復っていうかっこいい手もありますが、2人で往復するよりもお泊まりの方がずーっと安いことも付け加えておきましょう。
f0028197_1715572.jpg
飼い主sのお迎えは午後6時45分だったので、レストランに着いた頃はまだ明るくて水際の風情が楽しめました。日が落ちると真っ暗で、見えるのは行き交うボートの光ばかりです。

ここのメニューはdégustation形式で、15~6種類のメニューから好きなものを選んで、コースにするというスタイル。アラカルトだと前菜一品、メイン一品にデザートという3コースが主流ですが、ここ10年ほどシドニーでは一品一品の量を少なくして、その代わり種類を楽しめるようにしたdégustationが人気です。日本の懐石料理のような感じでしょうか。お料理のみでもOK、追加料金でそれぞれのコースに合ったワインを一杯ずつというのもOKなので、飼い主sはもちろんワイン付きでオット6品コース、ツマ5品コースを頼みました。
f0028197_17162764.jpg
ディナー全容。写っていないのはamuse-bouche(日本の「つきだし」みたいな物?)だった一口パイ(揚げたパイ生地の上にトリュフオイルで炒めた茄子の小口切りとゴートチーズ[軽い味わいだったので、多分発酵クリームで伸ばしたと思われ]に間引き菜を一つまみ載せたものと、ツマがオット希望で選んだココナッツ・パンナコッタのマンゴーといちご添え(これは家でリピできそうです)。

結論から申しますと: それぞれの素材の香りが強くて、とっても力強い味で、小学生の感想文(笑)のようですが、ただただおいしかったです。食いしん坊が高じて、外で食べたご飯を家で再生するのも好きな飼い主sですが、家ではとても真似できない料理の数々が食べられて大満足でした。一つ難を申せば・・・ツマが注文した「和牛ヒレのステーキ、ほうれん草の揚げ餃子(風)、ミニ人参グラッセのマッシュルームソース添え」のステーキは、身びいき分を差し引いてもオットが焼くステーキの方が数倍おいしいやと思いました。一緒に出されたワインのラベルがなんとダックスx2で、それだけで満足したのですけどね(笑)。

ツマが食べたいな(=食べられそうだな・・・好き嫌いが多いもので・涙)と思ったものをことごとく注文してくれたBirthday Boyは後に「あ、食べるものというよりワインで選んじゃった・・・アハハ♪」と告白して、ツマに殺意を芽生えさせたのですが、鶉→鴨→ラムとこってり系3連続を選び、さらにチーズ盛り合わせを選ぶという暴挙に出て、もたれる胃と戦う羽目になったのでした。

まだ続く(笑)。
by dackies | 2009-12-04 22:13 | Sydney Life
Mummy & Daddy on an extended date
「嫌な予感」が大当たりで、金曜日の朝いつものお泊り場所に連れて行かれたDackies。ガラスのドア越しに飼い主sを見つめる彼らの目は非難に満ちていました(汗)。一泊だけだから、ね??

後ろ髪を引かれる思いでDackiesを後にした飼い主(ツマ)ですが、車がここにさしかかる頃には久し振りの小旅行にウキウキ気分でした。



オットの誕生日お祝い第二弾(っていうか、これが元々予定していたプレゼント・笑)はシドニー中心街から1時間強ほど北北西に行ったところにあるBerowra Watersへの一泊旅行です。
f0028197_18575585.gif
シドニーのミシュラン(?)、SMH Good Food Guideで帽子二つ(三つが最高級)をもらっているここでのディナーがプレゼントですが、こちらはボートか水上飛行機でしかアクセスできないレストラン。コテージも経営しているそうですが、既に予約が入っていたので、近くのB&Bに一泊することにしました。

お泊りのコテージも、もちろんボートのみアクセス可能なので、駐車場に車を入れ、桟橋に迎えに来てもらうことになります。ちなみに対岸へはこんなカーフェリーで渡れるようになっています。
f0028197_19214729.jpg
オットは子供の頃この辺りにホリデイに来たことがあるらしく、このフェリーに乗った記憶が甦ったと言ってました。

f0028197_19222086.jpg
桟橋から4ノットのボートで3分ほどで、宿泊先に到着。B&B(ベッド&ブレックファスト)だと思っていたら、何とB&B&B(ベッド&ブレックファスト&ボート)でした。そう、ボートがなくてはどこにも行けませんから、宿泊代はボートの使用料込みだったのです(喜)。

f0028197_1926656.jpg
ウェルカムドリンクのスパークリングワインをさっそく開けてくつろぐ飼い主s。

f0028197_19224962.jpg
午後は「いいカモが来た!」と言わんばかりに寄ってきた鴨や魚にパンをあげたり、ワインを飲んだり、お昼寝したりしてのんびり過ごしました。

続く。
by dackies | 2009-12-04 19:02 | Sydney Life
Mummy & Daddy on a date
f0028197_19311185.jpg
先週の溶けそうな暑さが嘘のように肌寒く、どんよりしたお天気が続いたシドニーですが、一昨日火曜日はこんな青空が広がりました。平日の夜でしたけど・・・

f0028197_19371132.jpg
飼い主sはこんなところで待ち合わせして、乾杯して・・・

f0028197_19373454.jpg
こんなところに移動して・・・


f0028197_1939540.jpg
こんなおいしいものや・・・

f0028197_19401111.jpg
こんなおいしいもの(ツマが食したのは赤矢印のついたアイテムのみ。残りはオットのお腹へ・笑)+他にもおいしいもの多数(←写真、どうでもよくなってしまって・笑)をいただいてきました。だって・・・

f0028197_1941182.jpg
火曜日はオットの〇〇回目の21歳のお誕生日だったんですもの。

オーナーシェフご本人(料理の腕もさることながら、つかず離れずの距離の取り方、軽妙洒脱の会話と三拍子揃った素敵な方でした)による魔法のようなおいしいお料理、特に「誕生日ですっ」と言った訳でもないので多分会話から察して、調理場に伝えて特別デザートを誂えてくれたスタッフの皆さんのおかげで、オットは「今年の外食ナンバーワン♪」とご満悦でした。

今年はちょっと特別な歳なので、お祝いはさらに明日出かける一泊旅行+(また・笑)グルメディナーと続きます。

f0028197_2044939.jpg
ば・も「・・・なんだか、いやなよかん・・・」

何のことかしら(汗)??

by dackies | 2009-12-03 20:47 | Sydney Life