<   2007年 08月 ( 24 )   > この月の画像一覧
Melancholy Barney
f0028197_18535985.jpgば「・・・はぁーっ・・・(ゆううつ)・・・。」

どしたの、Barney? そんなに深いタメイキなんかついて?


f0028197_18563764.jpgば「ゆうべはおせんたくものもたたみましたし(そのあとはつかれてねちゃいましたけど)・・・」


f0028197_1856489.jpgば「・・・きょうはごきんじょのいぬさんにごあいさつもしました(もともとすきないぬさんですけど)・・・」


f0028197_196438.jpgば「ここのところぼくとってもいいこにしてましたが、あしたのがっこう、どうしてもいかなきゃいけませんか?」

もちろんですとも♪


f0028197_19144221.jpgば「・・・(きくだけむだというものでした)・・・」

by dackies | 2007-08-31 19:20 | Dackies
At last Monty too is a hunter!
注意:親バカ警報発令中

苦節5年・・・Montyは本日とうとうトカゲハンターの仲間入りをしました! 裏庭でつかまえたトカゲをキッチンまで飼い主(ツマ)に見せに来たんですよ♪(←親バカ)。材料さえ手に入ればお赤飯を炊いていたところです(←親バカ通り越してバカ親・笑)。今まではBarneyのお供、もしくは猟犬の役しかもらえなかったMontyでしたが、今後はBarneyと対等に狩りに出かけられます。

よかったわねえ、Monty! おめでとう!! いまの気分はっ?
f0028197_20193572.jpg
も「・・・かんむりょうです・・・でもね、しっぽきったあとはにがしてあげようとおもったのに、Barneyがトドメをさしちゃいました(涙)。」


Barney?? Montyの初獲物に何したんですか??
f0028197_20195949.jpg
ば「たべちゃいました。おいしかったです♪」

あなたっていう子は舌なめずりまでして・・・Daddyに間食はいけませんっていつも言われてるでしょ、じゃなくて絶滅寸前まで追いつめてはいけませんよ!
by dackies | 2007-08-30 20:30 | Dackies
What, already?
「APECが始まる前に」の第二弾として今日はシティ関係の用事を済ませてきました。久し振りに文房具屋さんを覗くとショックなことにもう来年のカレンダーが出ています。「そういえばあと4ヶ月で2008年だった・・・」とちょっと呆然としながらカレンダーを見ていて発見したのは・・・。

f0028197_1857593.jpg
ダックスフントのカレンダー!! 赤丸で囲んだ1月のdackieはMontyに、9月のdackieはBarneyにそっくりです。迷わず買いました。


f0028197_19121858.jpgば「わざわざそっくりさんカレンダーかわなくても、ぼくがモデルになってあげたのに(おめめ☆きらきら)?」

全月分海外ロケで、さらに多額の出演料請求する計画なんでしょ?


f0028197_1985795.jpgば「Monty、カレンダーのはなし、Mummyにばらしたでしょ?」

も「(ぎくっ!)あっ、これなんのにおいかなあ?」

来年の干支コスチュームをあなた達に強制着用させての撮影でもMummyはよろしくてよ。
by dackies | 2007-08-29 19:09 | Dackies Collection
Mummy & Daddy went to the cinema.
f0028197_21204928.jpg昨日の映画(笑)作成で勢いがついた訳ではありませんが、今夜はシドニーのリトルイタリー、Leichhardtまで映画を観に行ってきました。え、ブログに書くほど特別か、ですって?? ええ、特別です(きっぱり)。飼い主sが映画館まで足を運んだのはこの10年で何と6回だけですもの。


f0028197_21451155.jpg平均すると1年8ヶ月に一度しか食べられない映画館のポップコーンもしっかり買いました。ただ観ている途中に食べるのは嫌なので、映画が始まる前に食べ終えましたが(笑)。

今夜はオット母のお勧めだったイギリス映画、Amazing Graceを観てきました。18世紀後半のイギリスで奴隷制廃止を法案として通すのに成功した政治家、ウィリアム・ウィルバフォースを主人公としたお話です。イギリスの映画を観るとシェークスピアのお国の俳優は層が厚いとしみじみ感じます。

f0028197_21461632.jpg映画の後は映画館隣接のカフェで遅めの夕ご飯。NZの白ワインに合わせて飼い主(ツマ)が頼んだのはスパゲティ・ボンゴレ。さすがリトルイタリー、カフェのパスタも侮れません。しっかりアルデンテでおいしかったです。オットはトマトソース系のマリナラのホイル焼きを頼んだのですが、運ばれてきたのを見て二人で大笑いしました。


f0028197_21453621.jpgまさかうちのテーブルに来るとは思わなかったホイルの鳥さん(鴨? 白鳥??)の正体はオットの注文したマリナラでした。

外見はお笑いでも中味は真剣においしく、オットはソースを残さず頂けるよう途中でパンを注文したほど。


f0028197_21464772.jpg帰宅すると我が家のスター達は「お帰りなさい」コーラスとダンスを披露してくれましたが、すぐにおねむに。

ば「きょうはいちにちインタビューでつかれました。」

も「プライベートです、しゃしんはえんりょしてください。」

飼い主sの映画鑑賞、次回は2009年を予定しています(笑)。
by dackies | 2007-08-28 21:54 | Sydney Life
Coming to the cinema near you!
期待の大型新犬Dackiesの映画デビュー作"Dackies Do Brekkie"のプレミアです!



次回作の脚本公募中です(笑)。
by dackies | 2007-08-27 22:14 | 21st Century Dackies
Social Dackies
f0028197_1930255.jpgきれいな青空が広がった今日のシドニーは気温もぐんぐん23°Cまで上昇。これは絶好のお散歩日和! と、お昼過ぎに煙突のある公園まで行ってきました。


f0028197_1931141.jpgここ1週間主に夜から早朝にかけて降った雨のおかげで、人工池の水は芝生を覆うほど増えています。水の中には小魚がたくさん泳いでいました。

ば・も「きょうはかものすがたなし・・・あっちのいけかもしれません。」


f0028197_19313368.jpgも「こっちにもいません。」

ば「はて、めんような・・・」

Dackies警報が出ていたのよ、きっと。

オフリーシュエリアもあるこの公園のラッシュアワーは夕方ですが、それでもたくさんのわんに出会いました。こちらはシドニーでは珍しいボストンテリアのパピー、Mollyちゃん。人間の赤ちゃんも連れたお父さん、お母さん&恥ずかしがり屋のキングチャールズカバリエのお兄さんと一緒にお散歩を楽しんでいました。

f0028197_1932983.jpgも(BT)「どちらさまっ?」

も(D)「ダックスフントのMontyです・・・。」

ば「・・・(このこ、おっかない・・・ひー)・・・」

でも二度目にすれ違った時はBarneyもご挨拶できましたよ。

この後もいろいろなわんに出会いましたが、Dackiesは別犬のような社交振り。吠えず、怯えず、時にはご挨拶と三拍子揃いました(鼻高々←親バカです、はい。)

f0028197_1932354.jpgも「(このこ、タイプ!)こんにちは・・・いいおてんきですね!」

ちわわんMIXのようなこのタイプのわん、確かにMontyの好みのようです(笑)。思いっきり無視されましたが(爆)。

f0028197_1933543.jpgなんと犬嫌いのBarneyまで自分からアプローチ!

ば「こんにちは、Barneyともうします・・・。」

自分より大きなわんに吠えないばかりか、こうやって自主的に近づくBarneyを見たのは初めて飼い主sは感動しました。

f0028197_19333093.jpgも「くたびれました。」

ば「しゃこうかいもらくじゃないです。」

来週末のトレーニング、クラスメートと仲よくできるかしら? 何となく三歩進んで二歩下がる、になりそう。ま、のんびり行きましょうね。
by dackies | 2007-08-26 20:04 | Dackies
Haymarket~Newtown~Dog Run
土曜日午前8時30分。オットは二度寝をむさぼるDackiesと飼い主(ツマ)に「ジム行ってくる」と告げて出かけていきました。「えっ?? Daddy/オットがこの時間に起きていて、しかもジムなんてありえませんっ!」ショックの余りツマもいきなり洗濯・掃除を始め、オットが帰宅する頃にはシャワーまで終わっている始末。

f0028197_19573599.jpg朝ご飯のパンが古くなっていたのと来週はAPECでシティのセキュリティが厳しくなることから(いえ、決して怪しいことはしていません・笑)中華街まで朝ご飯に出かけました。いつも行く飲茶屋さんは依然と改装中だったので、道路向かいの富麗宮(と書いてどうしてMarigoldなんでしょう??)に行きました。


f0028197_19575438.jpg中国系2:白人系8といつもだったら引く割合ですが、ここの飲茶は小さめ・北方系でけっこういけます。前回回ってこなかった痩肉皮蛋粥(豚肉とピータンのお粥)にもありつけて飼い主(ツマ)ハッピー。ここのマンゴープリンはいつもの飲茶屋さんよりおいしくて、オット大満足。


f0028197_19581471.jpg腹ごなしに帰り道に寄ったNewtown。久し振りの晴れ間で人出が多いこと! 20年前はかなり危ないと思われていた地域ですが、最近はぐんぐんオサレ化が進んでいます。ちなみにシドニーでタイ料理屋密度がいちばん高いのもこの通りとか。


f0028197_19583889.jpg昨日オットが水を入れ忘れたため壊してしまったコーヒーメーカーの部品を買いに寄ったコーヒー屋さんではちょうど豆をローストしているところでした。ついでにコーヒー豆も購入。

このあとばったり友人夫妻に出会い、そのまま「コーヒーでも」と言いながらなぜかパブに流れてしまいました。ビールとワインですっかりいい気持ちになって帰宅したら、「おさんぽ、おさんぽ!」「ゆうごはん、ゆうごはん!」と叫ぶDackiesに襲われ、泣く泣くお散歩へ・・・。

f0028197_195934100.jpgば「ぼくたちぬきでおでかけするからです。」

そうね、来週の週末はトレーニングの後、あなた達も連れてNewtownでランチでもしましょう。

by dackies | 2007-08-25 20:00 | Sydney Life
What's in the name?
花の都パリにトイプーのテオくんとお住まいのekuboさんからDackiesの名前も命名マニア(笑)のオットが? とのご質問を頂きましたので、今日はekuboさんの"Le secret de mon nom"にトラックバックです。

昨日のコメント欄にも書きましたが、血統書に書かれた名前はMontyがFelix(猫じゃないのに・・・)、BarneyがHoratio(ホーンブロウアー船長と同じ)でした。初めてDackiesに会いに行った時「何てつけたい?」とブリーダーさんが聞いてくれたのですが、実は会いに来るまでは男の子と女の子が欲しかったので、Dackiesのうちどちらかを引き取って、女の子は次に生まれる子でも・・・と考えていたのです。目も開いていない生後1週間のDackiesがぴったり寄り添っている姿にほだされた飼い主sが「両方引き取らせてください」と言った時点で、オットが以前から抱いていた「Daisyという名前のかわいいダックスフントの女の子と暮らす」という夢ははかなく消えました(笑)。

名付けに関しては飼い主(ツマ)が男の子の名前を、オットが女の子の名前を、そしてどちらも二音節の名前で、と決めていたのが急遽二音節の男の子の名前x2となったわけです。もともと男の子の命名担当だった飼い主(ツマ)はブリーダーさん家に行く前から「SmileyかMontyがいいな」(どちらも当時読んでいたル・カレのスパイ小説の登場人物)と考えていたのですが、しっぽの変形した仔犬を抱っこした瞬間「この子はMonty!」と天啓のように閃きました。でも元々女の子の命名担当だったオットはDaisyから抜け出せず、ずいぶん悩みました(笑)。

f0028197_20195073.jpg二度目にブリーダーさん家にお邪魔したのはDackiesが生後5~6週間になった頃。まだまだ小さくてオットの両手に収まるほどでしたが、目はぱっちりと開いていましたし、あちこち動き回る姿のかわいさには気が遠くなったものです(←すでに深刻な親ばかの兆候有・笑)。


f0028197_20201389.jpgこの時のBarneyは実にやんちゃで、ブリーダーさんに何度怒られてもユーカリの葉っぱをかじろうとするし、ミルクを飲む時や抱っこしてもらう時はMontyを押しのけるし・・・その様子を見たオットは「Snoopyがいい」と言い出しましたが、ツマの「Snoopyはビーグル。」の一言で却下されます。

歴史好きのオット父などは「片方がMontyなんだから、もう片方はRommelにしろ。これで将軍が揃う」などと言い始める始末でした。ツマはドイツわんだしOttoなんかもかわいいなとこっそり思っていましたが、オットから命名権を奪うのもかわいそうなので珍しく黙っていました。

NSW州ダックスフント協会の取り決めにより、仔犬を引き取れるのは生後9週間を過ぎてから。お迎え日が近くなってきたのに名前が決まらず、ツマが気を揉み始めた頃、お皿を洗っていたオットがいきなり「Barney!」と叫びました。「何それ??」と尋ねるツマに「仔犬の名前はBarney、そう、あの子はBarney!」 ただどうしてオットがBarneyという名前を思いついたのかは今でも不明です。私がMontyを抱っこした瞬間「Monty!」と感じたようなものなのでしょうか。

ekuboさん家のTheoくんと同じように、BarneyもMontyもずいぶん名前のバリエーションができました。Barneyは別名Barnicle, Barnikin, Mr B, Bxxxxxd, Barnsey そして伴太郎、MontyはMon Mon, Mon Pooh, Monticle, Mr M, Montesquieu, Farnsey そして文次郎。このバリエーションについてのご説明はまたの機会に致しましょう。
by dackies | 2007-08-22 20:27 | Dackies
Ainsley no more
えー、臨時ニュースをお伝えいたします。先月中頃よりシドニー市内のDackies一家を悩ませていたネズミのAinsleyがとうとう逮捕されました。高級ネズミ捕りの効き目がないことに業を煮やした一家の主が昔ながらの罠にチーズを仕掛けたところ、三晩目にしてAinsleyを退治することに成功した模様です。現場から中継でお伝えいたします。Barneyさん?

f0028197_20523535.jpgば「はい、まいばんむりょうチーズバーをひらいているとおもわれていたのはしゃくにさわりますが、ぼくたちのおやつをやいばにかけながらたべなかったきょうあくはんのAinsleyがつかまってほっとしています。こじんてきにはネズミたいじのでばんがなくてざんねんでした。いじょう、げんばからでした。」

Barneyさん、ありがとうございました。続いてコメンテーターのMontyさんに一連のAinsley事件についてお話を伺いました。

f0028197_2053937.jpgも「おさんぽにつれていけるペットがほしかったのにとDaddyにいったら、ネズミさんはペットじゃなくてペストだといわれました。よくわかりません。ウサギさんはどうなのか、きになります。」

え、なぜネズミがAinsleyなのかですって? 名付け親のオットに聞いてください。ただ大根を買うたびに名前をつける人なので、納得のいく説明が受けられるとは思いません(笑)。
by dackies | 2007-08-21 20:58 | Dackies
525,600 minutes
今日はオット父の一周忌です。仏壇や位牌がないのは当然ですが、遺志により散骨だったのでお墓参りもありません。でも今朝オットとこんな会話をしました。

ツ「きっと今日は朝からシャンパン飲んでるわよ。スモークサーモン100kgぐらい冷蔵庫に入ってて。」
オ「ベーグル200個、卵300個、クリームチーズ10kg、ケーパー大瓶1ダース、玉ねぎは太目に切ってあって(笑)」
ツ「そうそう(笑)。夜は大BBQパーティ。」
オ「黒焦げのソーセージとすっごくおいしいステーキで?」
ツ「そうそう(笑)。で、うまく言いくるめられた天使がパーティの後お皿洗ってるの(笑)。」
オ「Dadだったらやりかねないな(笑)。」
f0028197_16184559.jpg

「死後の世界は生きている人のためにある」と言っていた義父。そうだから我が家に今朝の会話があったのでしょう。We still miss you, Dad.
by dackies | 2007-08-20 16:40 | Sydney Life