<   2007年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧
DIY Dackies
シドニーには三日連続で恵みの雨が降りました。それなのに肝心な場所(ダム近辺)はほとんど降らなかった模様で、いよいよ値上がりしそうな食料品の値段におののく飼い主sです。こんな乾燥大陸で大量の水が必要な木綿なんぞ作らなくたっていいのに・・・ブツブツブツ。

祝日明けの今日は秋晴れの青空が広がっていますが、私は昨日からベッドの中…腰を痛めたようで、座ることができません。原因は先日某組み立て家具屋で購入した机、引き出し&タンスの組み立てかと思われます。いいえ、歳のせいではありませぬ(笑)。

自分のコンピュータ用机とお揃いの小さな引き出しは、1時間半ほどで組み立てられたのですが、ネジの多さにまず右腕・右手の腱鞘炎が復活。引き出しが六つついたタンスの組み立てには援軍を呼ぶことになりました。

援軍DIY Dackies参上!
f0028197_13451132.jpg
ば「こちらがげんばですね?」
も「(あ、あんぜんヘルメットわすれちゃった…)」

f0028197_13454692.jpg
ば「なるほど、ここがこうなって、そこがそうなって・・・。」
も「それがずめんですか?」

f0028197_13463741.jpg
ば「え~と、あそこにはこのネジ♪」
も「すみません、10じのおやつのじゅんびをはじめてください。」

おかげさまで2時間弱でタンスも終了したのですが、私の腰も終わったようです(涙)。Healing Dackies、助けて!
f0028197_13473192.jpg
ば「zzz…」
も「Healing Dackies はほんじつきゅうぎょうです。」

by dackies | 2007-04-26 13:56 | Sydney Life
Training Dackies
オーストラリア一の名門私立校Hanrobの校長先生(!)をして「開校以来最もしつけるのが難しかった生徒達」と言わしめた我が家の不良少年BとM。入学にあたっての面接時に生い立ちを聞いたベテラン先生が「ああ、これは簡単にはいかないわ!」と予言していたのが本当になってしまいましたが、経験豊富な熱血教師陣のご指導により、二匹ふたりとも無事卒業することができました。
f0028197_2034197.jpg
この卒業証明書を額に入れたい私…(笑)。

我が家のDackiesは二卵性双子。お腹の中から今までず~っと一緒だったため「二匹ふたりだけの世界」がしっかりできあがっています。こういうわん達はお互いから精神的に独立できるよう、お散歩は別々に行くとか、一緒でない時間を作るとか、引き離さなければいけないそう。

入学にあたっては「トレーニングで直したい問題行動を挙げてください」「どこに寝ますか」「お散歩はどのくらいの頻度でどのくらいの長さですか」「ヤル気を起こすものは何ですか(例:おやつ、おもちゃ)」などの項目が書かれた質問表を記入し、その後は「先生」との面談です。

我が家はBarneyがもう少し飼い主sの言うことを聞くようになること、Montyがもう少しBarneyから精神的に独立できるようになること、そして二匹ふたりとも他の犬さんともう少し仲よくできるようになること、できれば「おいで!」と言われたらちゃんと来るようになることが希望でした。

日本から電話で家ではタイルだろうとレンガだろうと床だろうとできていた「おすわり」すら断固拒否していると聞いた時は「XXXドルが水の泡??」と思い、あまり期待するのはやめようとDackiesを迎えに行ったのですが…。

Adam先生とBrad先生に連れてこられたDackiesは飼い主sの姿を見て大喜び。ワンワンキャンキャンといつも通りの大騒ぎが始まったのですが、先生に”Quiet!”と言われてピッタリ黙ったのにびっくりしました。ま、静かになるのは3秒ほどなので、このコマンドは繰り返さないといけないのですが(笑)。

そしてこの勇姿!
f0028197_20345572.jpg

今まではお散歩時にリーシュを引っ張っていたMontyがHeel(飼い主の左側に立ち、飼い主より前に出ずに歩くこと)できるようになりました。アスファルトの上での「おすわり」それでも嫌なようで、二匹ふたりとも手で押されないすわりませんでしたが(笑)。

リーシュの持ち方、stay(まて)以外のコマンドは二度繰り返さない、いい子にしていたらうんと褒めてあげるなど説明を受けた他、家でのトレーニングの手引きとして10余ページの↓を渡されました。
f0028197_20361772.jpg

外の世界は刺激が強すぎるので、まず2週間は家の中+裏庭でトレーニングです。最初は断固おすわりを拒否したDackiesですが、2~3日経つとラグやタオルの上なら座るようになりました。

1週間経った現在ではタイル床やフローリングの床にも座るようになりましたが、伏せはまだ手で押さないとできません。それでもstay(まて)がずいぶんできるようになり、Montyは2mぐらい離れても大丈夫ですし、BarneyはMontyほど距離がなくてもじっと待てるようになりましたよ。

3週間以上の合宿トレーニングに参加したわんは一生無料でレッスンが受けられる上、家での問題行動などがある場合は出張(これまた無料)もしてくれます。さらに毎月第一土曜日には近くの公園でフォローアップ・レッスンがあるので、ま、年末までに伏せができるようになるといいな、と思っています。

こちらはdown stay中のBarney。
f0028197_943343.jpg
ば「(ふせってタイクツ…)」

そしてsit stay中のMonty。
f0028197_20381112.jpg
も「おやつのためならすわります」


by dackies | 2007-04-24 20:47 | Sydney Life
Omiyage for Dackies
飼い主sが「日本呑み倒れ・食い倒れツアー」に参加している間、(たぶん)(ほぼ)いい子で3週間お留守番していたDackies。当然「おみやげ」を期待しているだろうと、滞在中オットと一緒に巨大ペットショップに行ってまいりました。

最近は裸の犬を見かけることの方が少ない我が祖国、このお店も被り物系からコートまで洋服が置いてありましたし、おもちゃも豊富。でも我が家は基本的に裸族ですし(シドニーで犬に服なんぞ着せた日には笑い者になりますがな)、おもちゃは片っ端から破壊するDackiesにはちと不向き。

と言うわけで購入した物は↓・・・。
f0028197_2029625.jpg
わんおやつの数々!!!

ちなみにオーストラリアの検疫法ではこれらの品々は全て「持ち込めない物品」で、見つかった日には罰金約20万円相当もしくは懲役5年以下となります(汗)。無事検疫を通過した時はさすがの私も安堵の溜息をつきました。

でもね、一応肉製品は避けたんですよ(七面鳥アキレスの鶏ささみ巻きと霧島鳥ごはんと低脂肪フード以外は・笑)。自分で作れるビスケットやボーロもパスして、オーストラリアでは手に入らないシーフード系おやつを中心に購入してきました♪ あ、でも乳製品もあった(大量の汗)・・・。

まず開封したサーモンのトリーツは毎日のトレーニング時に大活躍しています。
f0028197_20361011.jpg
ば「サーモンだいすき♡」
も「ターキーアキレスだいすき♡」

この二匹ふたり、日本在住のダックスだったらさぞかしおでぶになっていたことでしょう。
by dackies | 2007-04-22 20:39 | Dackies
We are All Home.
先週の帰国以来○○(←お好きな2文字をお入れください)忙しく、ずいぶん穴を開けてしまいましたが、飼い主sは日本より規定重量を10kg超過した密輸品満載の荷物を抱え、Dackiesは寄宿学校/林間学校/合宿/リゾートより少しだけいい子になって戻って参りました。

日本は楽しかった! 飼い主sはツマの父の古希をサプライズ・パーティーで祝った翌日(飼い主s二日酔い)東京から京都へ3泊4日の桜鑑賞ツアーへ出かけ、お気に入りの某所で痛飲し、帰路は伊東に一泊して部屋付き源泉かけ流し露天風呂で月見酒としゃれこみました。さらに那須ではイタリアン・バイキング(私みたいなお客さんばっかりだったら、ここ確実につぶれます・笑)のランチの後、元湯で茹だって地酒を飲み、帰宅翌日は国税局主催(!)の関東甲信越日本酒試飲会へ。この試飲会でオットは「今度来る時は新潟に行こう!」ときっぱり。そんなに新潟の地酒がお気に召しましたか・・・。
f0028197_20464021.jpg
ジャパン・ダイジェスト。左上から時計回りに:京都円山公園の桜、伊東の露天風呂、日本酒試飲会&那須の帰りに寄った川魚の店。

え? NZ以来飲み続けですって?? だって日本でこういうのが待ち構えていたんですもの(笑)。
f0028197_20444717.jpg
飼い主(ツマ)父によるセレクション。ココデ飲マネバ女ガスタル・・・。

そんな小旅行の合間には、昨夏お父さんになった幼馴染一家を招いてオージービーフのBBQランチ、オットは某大学x2でちゃっかりセミナーなんかしてお小遣い稼ぎ(本人はお金がもらえるとはまったく予想していなかったそうでかなり動揺していました・笑)、実家で父と酒盛り(あれ、また飲んでる?)と、強行軍で宮島~岡山~姫路~大阪~奈良~京都を周った4年前の里帰りよりはずっとのんびり過ごすことができました。

そして「開校以来最もしつけの難しかったわん」という名誉ある称号を獲得したDackiesですが・・・とりあえず、何か敷いてあって、おいしいものが口に入るなら座ります(爆)。この辺進歩なしですが、他には"stay"(待て)がかなりに"down"(伏せ)が少々できるようになりました。詳しくは続報にてお知らせします。
by dackies | 2007-04-21 20:57 | Overseas