<   2006年 11月 ( 12 )   > この月の画像一覧
Re-training Dackies?
昨晩Channel 10で放映していた番組(イギリスで作成されたペットしつけ関係の番組)で何と「吠えて吠えて困るダックスフント」を取り上げていました。とある家族に飼われているMダックスのルーファス君は玄関の呼び鈴が鳴ると吠える、この家族の長男(ティーンエイジャー)が近づくと吠える、お散歩の時乳母車とすれ違うと吠える、子供を見かけると吠える、さらには室内あちこちをトイレと見なすなど、問題行動の多い男の子。最終回だった昨晩はペットトレーナーがこの家族を訪問し、家族の問題点、それがルーファス君に及ぼす影響、それに対するしつけのノウハウを伝授するという興味深いものでした。それというのも、我が家のDackiesもルーファス君のように吠えるからです。

そもそもダックスは狩猟犬ですから、吠えて獲物のいる場所を飼い主に知らせるというのが本能の一部だそう。それでも様々な「傾向と対策」でルーファス君は無駄吠えしないよい子になりました。この番組を観て何よりもよかったのは、今まで「う~ん、トレーニングねえ・・・」とお茶を濁しだしがちだったオットが「ん! これなら・・・」とトレーニングに興味を持つようになったこと。

私はマニュアル派なのでいろいろとトレーニングの本も読み、特にpositive reinforcement(悪さをして怒るよりはいい事をした時に褒めることによって、好ましい行動を身につけさせる手法)を元にしたトレーニングをしたかったのですが、なんせ我が家は楽しい多頭飼い(笑)。先住わんがいるお家では、先輩わんがお手本を示して、後輩わんがそれを覚えていくという好ましい結果が得られるようですが、我が家はお腹の中から一緒の二卵性双子ですから、しつけをするにはどうしてもオットの協力が必要なのです。

何とかあと4週間(オットが松葉杖とsayonaraするのに必要な期間)この興味を維持し、パピースクール以来のトレーニングを始められるようにしたいと思っております。

f0028197_19291151.jpg
ば「ぼくはパピースクールをすべていすのしたですごしましたが、それでもそつぎょうしけんはトップでした(←実話。)いまさらひつようないとおもうのですが・・・・」
も「えっ、sitとstayができるならそれでじゅうぶんとおもっていました(←comeはどうしたのよ、comeは??)。でもほかのいぬさんとあそべるなら、がっこうにいってもいいです。」

合宿トレーニングかしら・・・?
by dackies | 2006-11-27 19:33 | Dackies
Escargot Hunting
お天気のいい日はトカゲさん狩りを楽しむ我が家のDackiesですが、最近の乱獲が祟ったのかトカゲさんが見当たらなくなりました。たまに見かけてもDackiesには届かない塀の高い所で日向ぼっこをしている模様です。トカゲさんが絶滅に瀕しているなら、とDackiesの新獲物となったのは・・・:

f0028197_19404454.jpgも「くんくんくん・・・これは6じかんぐらいまえのいどうのあと・・・」

f0028197_1941853.jpgば「こっちには4じかんぐらいまえのトイレのこんせき・・・」

f0028197_19412925.jpgも「ぼくはもういちどこっちをかくにん・・・」

ば「なんでしょう、このいわかんは??」

f0028197_19415097.jpgば「・・・ハッ・・・ぼくたちフランスわんではなかった・・・」

写真でもはっきりわかる虫食いの跡はカタツムリの仕業です。数週間前にゴム手袋をして、食われた葉っぱを刈り込んで、その過程で確保したカタツムリは何と9匹! 全部取りきったと思っていたのですが、見通しが甘かったようです。何でも好き嫌いなく食べるDackiesのことを考えると、市販の殺カタツムリ剤はどうしても使えないので、ここはHunting Dackiesの活躍を期待していたのですが、やはりドイツ系わんのためか今一つ気が乗らないようです(笑)。ま、怪我も病気もなかった週末を楽しめたということでよしとしましょう。
by dackies | 2006-11-26 19:51 | Dackies
Oh It Brings Back Memories ...
学生時代以来ウン十年振りのシェア生活。親元を離れてから自分の不動産を購入するまで、アパートなり一軒家なりを数人で賃貸して家賃の負担を減らすのは、AUだけではなくあちこちの国で見られることです。うまくいけば天国、そうでない時は食料品(「私のシリアル、手付かずだったのに誰かが食べちゃった」)や掃除のスタンダード、ノイズなどで些細なことで揉め事となり、また新しいシェア場所を探すことになるのですが、今回の友人夫婦とのシェア生活は(1)全員シェア生活経験有りの大人(一応・笑)であること、(2)家事への取り組みが似ていること、(3)して欲しくないことは正直に言えるけど、それで波風が立たない関係であること、そして何より(4)食べるのが大好き♪なので非常に楽しくやってます。

今日の夕ご飯はBBQ。オットは松葉杖のままステーキを焼くと言い張り(ちょっと焦げ気味でも中味はピンク。根性を見せました・笑)、私は皮付きのとうもろこしをゆで(その後BBQ)、他アスパラガスの炭火焼、サラダ、そして付け合せのポテトは友人夫婦がイタリア風にオリーブオイル・にんにく・ローズマリーで仕上げてくれました。お友達から頂いた大事なオリーブオイルとバルサミックビネガーをデビューさせて作ったサラダは「うわっ、このオイルとビネガー最高!」(友人オット)、「一体これどうやって手に入れたの??」(友人ツマ・彼女はイタリア系オーストラリア人なのでオイルにはうるさいのです)とのコメントをもらい、ちょっと鼻高々でした。
f0028197_18321476.jpg


知らない人には簡単に心を許さないDackiesも、既に家族の一員として友人夫婦を認めたらしく、仕事から帰ってくると「お帰りなさい♬」コーラスとダンスによるお出迎え、Montyに至っては彼らのベッドに忍び込むという遠慮のなさ(汗)。とりあえずベッドは私達のところだけにしましょうね。
f0028197_18332585.jpg

ば・も「・・・zzz・・・もっとステーキ・・・ください・・・zzz・・・」
by dackies | 2006-11-20 18:39 | Sydney Life
Yet Another Incident
オットの骨折から1週間たった今日、友人夫妻が「引っ越し」てきました。前に住んでいた家(今日が譲渡日)を売り、次は新築物件を買ったまではいいのですが、その家がまだ建築中(笑)。2週間後から1ヶ月ホリデイに出るので、それまで居候させてくれと頼まれたのです。

2.5LDK(.5の部屋はオットの書斎)とアパート並みの大きさの我が家ですから、「ゲストルーム」と呼びながら結局物置+私のインターネット&お昼寝ルームと化している部屋に泊まってもらうため、一日がかりで整理整頓、お掃除、合間に洗濯、オットは地道に期末試験の採点。Dackiesは日向ぼっこ、トカゲさん狩り(獲物=1匹)、お昼寝、とごく平和な初夏らしい土曜日だったのですが、夕方になってまた事件が発生しました。今回の被害者はBarneyです。

f0028197_19422548.jpg今日のDackiesの夕ご飯は子牛肉の骨つき(オッソブッコ)だったのですが、一体どうやったのかBarneyがこの骨を←こんなふうに上顎の歯の間に詰まらせてしまいました。突っ張り棒のようにぴーんとつっかえていて、動きもしません。本犬ほんにんはパニック状態で自分のpawsで骨を取ろうとする、吐けば取れるかと思ったのか無理矢理吐く、そしてまたpawsで取ろうとします。

二度爪ごと指を噛まれた後、指に手拭いを巻いて噛みつかせたまま取ろうとしたのですが、がっちりと挟まっていて微動だにしません。結局我が家に着いたばかりの友人が半泣き状態のBarneyと飼い主を車に乗せて獣医さんに駆け込んでくれ、無事骨を取ってもらえたのでした。いつも気に入らないクリニック(行く途中友人に『ねえ、ここ嫌いって言ってなかったっけ?』と再確認されました・笑)ですが、今回の獣医さんは対応がよくて助かりました。

今まで事故なしでおいしく楽しくDackiesが食べていた骨ですし、獣医さんにも「はずみでこうなることはよくあるから、こればっかりは予測がつかないわよ」と慰められたのですが、こう事件ばかり続いてくると何故か罪悪感が拭えません。

f0028197_19335445.jpgば「Montyにとられるかとおもってあせりすぎました。ちょっとはんせいしています。はずかしいのでいつものじゅういさんにはないしょにしておきたいとおもいます。」

飼:ええ、確かに獣医さんに抱かれて(あせって家を出てきたので首輪もリードも忘れてました)診察室から出てきた時はかなり恥ずかしそうな顔をしていました。


来週末こそ無事故で過ごしたいです。
by dackies | 2006-11-18 19:55 | Sydney Life
Healing Dackies
私が「オーストラリアン・ぽつぽつ・おねつ」にかかった時に手厚く看護してくれたHealing Dackies。オットの怪我にも大活躍中です。

ば「たいいんしてふつかめのDaddy。シャワーをあびるのがまだむずかしいようなので、ぼくがおてつだいのためにスタンバイしています。ついでににっこうよくもしています。おひるごはんもつくってあげようとしたのに、Daddyはじぶんでできるといいはってました。ツナサンドのおしょうばんにあずかろうとおもっていたのに、ざんねんでした。」
f0028197_18535895.jpg

も「おともだちのノエルさんとヴェルデくんがおすまいのビクトリアしゅうや、シドニーの『あおいおやま』というところでは、ゆきがふるほどさむくなったきょう。Daddyがあたたかくすごせるよう、Mummyがせんしゅうしまったブランケットをもってきてあげました。あとはぼくがあのギプスというもののうえにねてあげれば、いっそうあたたかになるはずです。」
f0028197_1933196.jpg

心配性のツマは「神様仏様、お願いですから松葉杖関連の事故がオットにもDackiesにも起きませんように・・・」と祈っております。もう何が起きても驚きませんが(笑)。
by dackies | 2006-11-15 19:12 | Sydney Life
Surgery One Day Discharge the Next!
お騒がせ致しました。昨日手術を受けたオットは本日めでたく松葉杖をお供に退院致しました。昨日まで「そうねえ、(退院できるのは)木曜日か金曜日ぐらいかしら?」なんて言われてたので、今日は通常通り出勤してたのですが、オットより「なんか今日退院していいって言ってるよ」と少々パニック気味の電話が入り、慌てて早退しました。

最近TVなどでも報道されましたが、院内感染が(今さら)問題となっていますから、早く退院できるのにこしたことはないのですが、それにしても受け入れ側の準備が(笑)。でも帰宅して、一苦労しながらも私からの手助けほとんどなし(オ「明日からは自分でやらなきゃいけないから」)でシャワーを浴びてさっぱりとし、あり合わせのもので作ったツナ缶とアスパラガスのパスタを食べ(オ「あ~、あっためなおしじゃない熱い食事はおいしいなあ」)、2日振りのお日様を裏庭で浴びて幸せそうなオットを見ているとこちらも嬉しくなってきます。

嬉しいのはツマだけではありません。Dackiesはオットの帰宅後しばらく右足に密着していました。どうもギプスに興味があったようです(笑)。

f0028197_16182095.jpg
も「Daddyがはやくよくなるように、いっしょうけんめいかんごしますからあんしんしてね。」

f0028197_16184631.jpg
ば「Daddyはこれからしばらくこのバックパックをつかわなければいけないので、ぼくがたいきゅうせいのテストをしてあげています。Daddy、いつもはこぶのは4.7kgですか?」

このまま一家全員無病息災で年が越せますように!

追:たった今日本の母より電話があり、あんなに嫌がっていた(笑)佐野厄除け大師様に行ってくれた上、家族全員分四つのお守りまで購入してくれたそう! これで我が家は大丈夫(爆)。
by dackies | 2006-11-14 16:52 | Sydney Life
Now What??
オットの同僚夫妻を夕ご飯に招いていたため、朝から忙しかった土曜日。オットはフィッシュマーケットまで遠征した後、家の掃除や片付け、私は仕込みに勤しんでおりましたが、その最中に突然"AAAAAAGGGGHHHHHHHH!!!"というオットの叫び声が!

勝手口の脇にある三段ほどの階段でバランスを崩したオットが、真っ青になって座り込んでいました。右のくるぶしを捻挫したらしく、体重がかけられません。とりあえず座らせ、落ち着いたところでさっさとシャワーを浴びてもらい、後はソファで休んでいてもらいました。

土曜夜の「居酒屋Dackies」は評判よく、オットも怪我に関わらずゲストと痛飲(一升瓶がほぼ空な上、ビールが10本・・・)し、幸せな気持ちで眠りについたらしいのですが、翌日曜日になると右足が「サリーちゃんの足」と化しています。「こりゃまずいかも・・・」と遅ればせながら近所の病院の救急外来へ。待つことしばし、まずレントゲンを撮ってもらったら何と2箇所で転位骨折していることがわかりました。腫れが引き次第手術が必要とのことで、救急からそのまま外科病棟に入院となり、今日のお昼に手術となりました。

私の病気でDackies一家の不運は〆、と思っていたのにまさかオットがこんな怪我をするとは・・・とまだちょっと呆然としています。やはり佐野厄除け大師にすがるべきだったのでしょうか(笑)。とりあえず、玄関に盛塩かしら? これでダメなら後はエクソシストでも頼まないと。

f0028197_1913040.jpg
オットが大人買いした40cm余りのキハダマグロのトロonly部。私がこれを叩いている時にオットが怪我をしたという曰くつきの一品です(笑)。
by dackies | 2006-11-13 19:15 | Sydney Life
German Club Revisited
オットも私もご飯を作る気力の失せた金曜日、Dackiesのお散歩がてら久し振りにドイツクラブで夕ご飯を食べてきました。

我が家から車で3分のところにある川沿いの公園。いつもは反対側の岸辺をお散歩しますが、今日はドイツクラブのあるこちら側を歩きました。
f0028197_19395053.jpg


ビールを待ちかねて、さっさとドイツクラブへ・・・いえいえ、川の蛇行の関係でこちら側のほうが距離が短いのです。
ば・も「きょうはぶたさんのあしをちゅうもんしました。たのしみです♪」
f0028197_1942481.jpg


あいにくとDackies希望のアイスバイン(eisbein)はなく、オットはババリア風ミートローフの目玉焼き添え、私はいつものカスラー(kaßler)にドイツビールで乾杯です。付け合せはポテトサラダにザワークラウト。
f0028197_19435690.jpg


ば・も「ぼくたちにむちゅうなジークフリードおじさんにひさしぶりにあいました。かれはほんもののババリアじんなので、ぼくたちをものすごくかわいがってくれます。でもたのんだびーるもぶたさんもでてきませんでした。めいよかいいんとしては、サービスのていかがしんぱいです。」
f0028197_19532139.jpg


by dackies | 2006-11-10 20:07 | Sydney Life
Dackies Meet Fritzy
関係者方面(私&Dackies)が危惧していた三日酔いにはならず、勇んでお買い物に行ってくれたオットが「○○(私の呼び名)、Tillman(近所の公園)に行こう、ちょうど出てきたところだからまだ間に合うかもしれない、アノdackieがお散歩に向かっている!!」と叫びながら帰宅しました。「えっ、アノ dackie?? 行く行く! Come on boys!」とBarneyを抱き上げて家を走り出た私(あ、Montyはこの時点で既にドアの外です・笑)。いつもは歩いていく公園ですが、ここは車でびゅ~んっと向かい、2分後には目的地の公園に到着です。お目当ては・・・。
f0028197_14433188.jpg
一本先の通りに住む幻のMダックス(B&T)、Fritzyちゃん! 今年の2~3月頃にDackiesと散歩中のオットがばったり出くわしてその存在を知ったのですが、私は今まで一度もその姿を見たことがありませんでした。9月に1歳になりましたが、まだまだパピー顔。

f0028197_14502532.jpg
まずはMontyにご挨拶。オットが初めて会った時はまだ4ヶ月で、とても恥ずかしがり屋さんだったそうですが、今ではすっかり社交的かつ「積極的」な女の子です。コートが真っ黒つやつや!
f0028197_14505535.jpg
「積極的」と言いますのも、Fritzyちゃんたらかわいいお顔してなんとキス魔! これはキス攻撃にあったMontyがキレた瞬間です。
「もうキスはいいですっていってるでしょっ!!」

f0028197_14512741.jpg



「ふんっ!」

まあまあ落ち着いて、
お二匹さん・・・。

「ふんっ!」







ご機嫌斜めのFritzyちゃん
ミニーマウス化
してます?


f0028197_15165185.jpg
それまでさりげなくFritzyちゃんを避けていたBarneyに、Fritzyちゃんが目をつけました。微かに笑みを浮かべながらBarneyに近づいていきます。Barneyは必死になって逃げていました(笑)。

f0028197_14525598.jpg
10分ほどたったら少ぉ~しだけ落ち着いてきて、こうやって三匹さんにんで公園嗅ぎ回り遊びなどもしていましたが、いつもの仲よしさんは黄ラブ・黒ラブ・カトルドッグにビーグルさんと大きなお友達が多いFritzyちゃんに、我がDackiesはすっかり貫禄負けです。

もっとちょくちょく会いたいなあと思うのですが、聞いてみると毎日のお散歩は朝6時! とか。やっぱり彼女は幻のMダックスのままとなりそうです。

追:縦書きはJeweldays!のRIEさんの記事から教わりました♪
by dackies | 2006-11-05 15:43 | Dackies
Every Dog has Teddy Bears
同僚(ドイツ系!)に黒タンのスムースミニダックスを飼っている人を先週発見しました。彼女とはここ2年近く同じ会社に勤めているというのに部署が違うせいか、ダックスLVERだったなんて全然知りませんでした(汗)。これですからオフィスのキッチンやエレベータ内での世間話は侮れません。

さてその彼女が教えてくれたのが「わんはみんなテディベアを持っている」との格言(?)

へっ?? と思って昨日急いで帰宅してみたら・・・ありました!!

f0028197_7305693.jpgこちらはMontyの右前テディくん。

「うまれるまえからもっていました。だれからもらったかはわかりません。かわいいでしょ?」

Barneyは「あ、たからものなので、よっぽどのことがないかぎりみせないことにしています」と写真を撮らせてくれませんでした。「よっぽどのこと」とは「おやつ食べ放題」でしょうか?

皆さんのわんのテディベア、見つかりましたか?
by dackies | 2006-11-04 22:25 | Dackies