<   2006年 05月 ( 18 )   > この月の画像一覧
Monty's Dream
舌鼓を打ちながら寝ているMonty。一体どんな夢を見ているのでしょう?

f0028197_1702345.jpgも「くぅ~っか、すぅ~っか、くぅ~っか、すぅ~っか、むにゃむにゃむにゃむにゃ・・・」

f0028197_1715356.jpgオ「Monty、もうすぐ朝ご飯できるからね~」
も「わくわくわくわく♪」

f0028197_172520.jpgオ「は~い、お待たせ。ご注文のベーコンエッグとトーストですよ~。」
も「わあ~い、いただきまあ~す♪」

f0028197_1721539.jpgも「ふわあぁ~っ・・・あれはゆめだったのかしら?・・・」

DaddyがMummyに燻製用Weberを買ってくれ次第、塩なし燻製ベーコンを作ってあげるからね(←ってここは英語で書かないとオットには通じない?)。
by dackies | 2006-05-30 17:12 | Dackies
Return of Japanese Night
二夜に亘って開催されたItalian Nightsへの返礼として、今夜は私が和食の夕ご飯を用意しました。と言っても決して自発的に申し出たわけではありません。昨夜の「明日は飲茶に行こう」に始まり、今朝の「今日はアジアご飯の日にしよう!」で明確になったオットの「今夜は君が夕ご飯を作るべきだと思う」という意図に押し潰されたからです(笑)。

という訳で、今日の食事をまとめると「シドニー発香港・ロンドン経由東京行き」となります。朝は飲茶、(欲しいものが全部タイミングよく回ってきた上、サービスはおでした♪)、午後はDevonshire Tea、夕ご飯は寄せ鍋と、慌しく約9時間で世界ほぼ一周して参りました。

今晩の一本
f0028197_19424643.jpg会津は末廣の手作り大吟醸、嘉永蔵。秘蔵の一本をとうとう開けました。買ってすぐ飲んだ分はボディがあるのにどこか柔らかい、末廣で使っているお水と同じ性格を持ったお酒でしたが、数年経った今はきっぱりとした中に丸みのあるお酒になっています。日本酒はワインと違ってボトルで寝かせられないと思っていましたが、蔵元さんの「うちのは熟成します」との言葉を覚えていたオットの記憶の方が正しかったです。訳していたはずの私はまったく覚えていませんでした(笑)。

今晩の夕ご飯
f0028197_19431168.jpg
「Paddy'sで野菜が買えるし、Burlingtonでお肉とお魚が買えるし、キッチン寒いし、そうだ、鍋にしよう!」と安易に決まった今年初めての鍋ごはん。200gって言ったのに500g近くred fishを売りつけた魚屋のあなた。次回は必ず気がついて文句言いますからね(笑)。準備を始めるまで気がつかなかったので、考えあぐねて、これまた安直に半量をつみれにしました。昆布、かつおぶしと鶏ガラでスープを作り、具は他に鶏のつくね、鶏もも肉、豆腐に野菜にきのこなどを入れました。オットが「太った気がする」とぼやいていましたが、私も脇の下ぐらいまでお腹がいっぱいです(笑)。

「昆布、かつおぶしと鶏ガラスープの匂い=お腹の調子が悪い時にもらえるあのおいしいもの」と条件付けられてしまったDackiesは予想通り、食べ初めから食べ終わりまで絶え間なくおねだりし続けました。長ネギもお塩も入った人間用鍋は当然だめなので、心を鬼にしてNOと言いましたが、Montyの傷ついた表情にまだ動揺してます・・・。

今晩のDackies "Rebel with a Cause"
f0028197_19444164.jpg
ば・も「MummyもDaddyも、ぼくたちのだいすきなあのとりすーぷごはんをひとくちもくれませんでした。ぐれてやる!」
by dackies | 2006-05-28 19:47 | Sydney Life
Italian Night Part II
2~3週間ほど前からピザを作ると話していたオット。先週作る予定だったのですが、MPWで予想外に疲れたためか今週末まで延期になっていました。オットはシチリア系オーストラリア人の友人のお母様から教わったという秘伝のピザ生地(じゃがいもの裏ごしが入るんですよ)を朝から仕込みました。ピザソースも裏庭のハーブを入れた自家製です。

なぜか朝の5時に朝ご飯を要求するDackiesに起こされた私は、洗濯を済ませた後Dackiesと二度寝。オットはその間掃除までしていました。アクリル雑巾の威力に魅了されたらしく、"I'm a believer now."と言っています。

f0028197_2182639.jpgピザのパートナーとして選ばれた今夜の一本はトスカーナのSanta Cristina。キャンティの赤らしく、タンニンの少ない軽やかな赤ワインです。

そして出来上がったピザは・・・。
f0028197_2164939.jpgアンチョビー、ケイパー、オリーブ、玉ねぎ、トマト、バッファロー・モッツアレラにパルメザン少々のピザ。

f0028197_21762.jpgこちらは(手がついてます!)カラブリア地方のサラミ、バジル、トマト、バッファロー・モッツアレラにパルメザン少々のピザ。

ピザ台がこのままパンとしてもいけそうなこのピザ達、おいしいことは記すまでもございません。当然Dackiesも味見したいようで・・・。

f0028197_21191598.jpgば「みえないかもしれませんが、ぼくはここです。あんちょびーのをひときれとはいいませんから、ひとかじりさせてください。」
もちろん、だめ

f0028197_21195942.jpgも「さらみのぴざがほしくて、おめめがさんかくおむすびになってます。ひとかじりでいいですからください。」
当然、だめ

Dackiesがむくれて不貞寝に入った後は、オットが作れる唯一のデザート・洋梨のワイン煮クリーム添えに、ハンターバレーはMistletoeのセミヨン・デザートワインを開けてしまい、Dackies家のItalian Degustation Menuは締めくくられたのでした。

もう食べ物のことを考えたくないほどお腹がいっぱいなのに、オットは「明日飲茶行こう」ですって。負けました!
by dackies | 2006-05-27 21:28 | Sydney Life
Italian Night
先週土曜日に行ったイタリアンワインの試飲会で、予定本数を大幅に上方修正して購入してきたDackies家ですが、「買ったワインを楽しむ」ためにオットがItalian Nightsを企画しました(調理担当:オット)。

f0028197_21523996.jpg前菜はオイスターマッシュルームのソテーにアスパラガスを軽くゆでたもの。マッシュルームはオリーブオイル、にんにく、チリ、裏庭からのハーブでソテーした後、バターとチキンストックとワインで味つけ。アスパラにはオリーブオイルに黒胡椒、レモン、パルメザンがお供につきました。

f0028197_2153039.jpgこの前菜と一緒に頂いたのはおまけでもらったスパークリング。ドライなのにフルーティと私達好みの味で、スパークリングファンではないオットまで気に入りました。

f0028197_21531780.jpg前菜の後はベビールッコラのサラダにペスカトーレ・ボンゴレ。ワイン、バター、にんにくとパセリ風味が定番のボンゴレですが、今夜は一緒に飲むシチリアのワインに敬意を表してトマトとチリが入った南イタリア風です。

f0028197_21533362.jpgシチリアのプラネタ・ファミリーが作っているSegreta Biancoはシャルドネ種とフィアノ種のブレンド白ワイン。きりっとした中に花のような香りのあるワインで、ついグラスを重ねました。。私がいつものように1~2杯で「もうけっこうです」と言うと期待していたらしいオットの思惑は見事に外れました(笑)。

すっかり気持ちよくなり、お片づけは全てオットに任せ押し付けたのは私でございます。

[おまけ]
f0028197_21534782.jpgパスタのトマトソースに加えるシーフードストックに使われたお魚をもらうのに鮫と化したDackies。手の平に載せてあげるのが指を失わない秘訣です。
by dackies | 2006-05-26 22:36 | Sydney Life
Dackies' Laundromat
我が家のDackiesは洗濯物が好きです。NewtownのKing Streetに行くと、必ず寄りたがるのはなぜかコインランドリー。特にBarneyはそのうち自分の店を持ちたいらしく、いつも店先から仔細に内部を点検しています。

f0028197_1919042.jpg
我が家でもこうやって↑洗う前の洗濯物をチェックするのが好きなBarneyですが、Montyはちょっと違った理由から洗濯物が好きなようです。

f0028197_19145715.jpgも「きれいなふかふかのたおるをたたむとき、おはなをこすりつけるのがだいすきです。あ、たたむのはMummyですよ。このきせつ、かんそうきからでてきたばかりのたおるにくるまってのおひるねもこたえられません。」

Montyは楽しいようですが、こうして汚されたタオル(泥pawマークが・・・涙)をもう一度洗濯して乾燥させなければならない飼い主はあまり楽しくありません。

そして洗濯物をたたもうとすると、必ず膝の上に乗りたがるDackies。いっそ、あなた方がたたんで、Mummyはお茶でも頂くというのはいかがなものでしょうか??
f0028197_19152833.jpg
ば「Daddyのしんぐれっとをたたむのはむずかしいです。あきらめました。でも、どりょくはしたのでちきん・ちっぴーをください。」
も「あ、ぼくもたおるをよごさなかったので、ちきん・ちっぴーをください。」

結局そこにくるのね・・・。
by dackies | 2006-05-24 19:39 | Dackies
Million Paws Walk
今日はRSPCA(王立動物虐待防止協会)の主催するMillion Paws Walkに行ってきました。RSPCAの活動に必要な寄付を集めるのが目的のこのイベントは毎年5月、オーストラリア全土で開催されますが、実際に参加するのは今回が初めてでした。

参加者とわん達が会場公園内を歩くのですが、その他にもペットフード、人間フード&ドリンク、専門学校の動物学コースなどのブースが並び、無料わんシャワーや獣医による健康アドバイスのコーナーまであります。

申し込みの時に購入したバンダナでドレスアップしたDackies。(飼い主の)気合が入っています。f0028197_17551439.jpg

駐車スペースを確保できるか心配だったので、随分早く着いてしまった我が家はWalkが始まるまでFlyball Contestを見物。リレー形式の団体競技で、障害物を飛び越え、ボールをくわえ、Uターンをしてまた障害物を飛び越えて戻ってくると次の犬にバトン(ボール?)タッチというルールのようです。別のコーナーではアジリティーの競技が行われていました。f0028197_1725482.jpg

スタート時間が迫るにつれて、どんどんわん達が集まってきます。f0028197_1761046.jpg
ば・も「ぼくたちのおともだちのSheltiesさんもMelbourneでこのいべんとにさんかしているんですよ。」

f0028197_17114230.jpg初めてナマで見た(笑)フレンチブルさん。お母さんと4人の娘で参加です。(お父さんFブルとは一回デートしただけだそうです[笑]。)これからショードッグ・デビューを目指しています。ぶーちゃんの方が愛らしい。

チワワ(タラちゃんよりかわいいチワワさん=0)、ビーグルやマルチーズ、オーストラリアンカトルドッグ、スタフォードシャーテリア、ラブラドール、ゴールデンレトリーバー、プードル、グレイハウンドあたりが人気犬種のようでたくさん見かけましたが、ダックスフントはやはり超少数派。それでも、じ~っと下を向いて歩けば・・・いるいる!

f0028197_171767.jpgこちらはレインコートを着た妹と参加しているスーパーダッキーくん。QLD州の出身です。

ば・も「ぼくたちも"ばっとまんとろびん"のかっこうでくればよかったです。」

f0028197_17172522.jpgこちらはひょっとしてDackiesの親戚のアリスター君。なんと同じブリーダーさん出身なんです。ミニなのに7kgという大物!

ば・も「びっくりです!」

f0028197_1717447.jpgこちらはイギリスからの帰国子女。こんなにかわいい顔して、我が家のDackiesを沈黙させた(彼らの犬生じんせい初めての経験)ほど攻撃的な吠え声の持ち主!B&Tの彼氏は彼女の分を埋め合わせるかのように穏やか。人間にもいますね、こういうカップル(笑)。

無事(周りの吠え声がすさまじく、着信を逃がしてしまってごめんなさい!)落ち合うことのできたSBBさん一家の愛犬ちゃまは会場で唯一のロングヘアダックス。しかもAUではとんと見かけないクリームコート。あちこちから「かわいい~」と賞賛の声が浴びせられました。終始落ち着いたその姿はまさに悟りを啓いたdackie!他にも紫のテンガロンハットで決めてきたミニダックスちゃん、スタンダードワイヤーのダックスさんががんばって歩いていた他、お年寄り(?)のB&Tロングヘアダックスはカートの中に寝そべったまま参加していました。出会ったダックスは今までで最高の計9匹でした。

こんな大きなグループで歩くのも初めてなら、ずっとリーシュを着けたまま歩くのも初めて、そしてこんな距離を歩いたのも初めてでした。開始前は1km、3km、5kmのコースがあると聞いていたので「ま、3kmかな」と思っていたのですが、団体に飲み込まれてしまった上、3km終了のサインがどこにもないっ!気がついてみれば5kmを歩き終わっていたのでした。
f0028197_1758812.jpg

参加証明書↓をもらい、SBBさん達とホットドッグを頂き(おねだりをしないあちらの愛犬ちゃまとは違って散々騒ぎ立てた我が家のDackies・・・)帰宅後は一家でお昼寝となりました。f0028197_17584233.jpg

by dackies | 2006-05-21 20:09 | Dackies
Italian Festival
今月18日から一ヶ月、シドニーのあちこちで開催されているイタリアン・フェスティバル。その一環として行われたイタリアンワインの試飲会に行ってきました。

f0028197_15275026.jpg
Dackiesが中に入れなかったら交代で試飲、と思っていたのですが、なんとお店前の路面が試飲会場!酔いの回り始めた飼い主によりDackiesは約10分後にこの旗のかかったプランターに繋がれることになります。

f0028197_1528759.jpg会場となった酒屋さんの前には40種類を超えるイタリアンワインの試飲会のお知らせが出ています。中にもワインがぎっしり。

f0028197_15283182.jpg白から試飲を始め、端まで到達した時点でデザートワインや微発泡酒のD'Astiを楽しみ、道路向かいのお肉屋さんが出張して焼いていたイタリアンソーセージや小さなハンバーグも試食。ここで赤に切り替えてテーブルを逆戻りしました。ちゃんと吐き出し用の壺も用意されていたのに全部飲んだのは私です(笑)。

f0028197_15285231.jpg「ソーセージドッグがソーセージを食べてるよ!」とお隣の八百屋のおじさんにからかわれながらもお肉屋さんからソーセージをもらったDackies。
ば「きたかいがありました
も「もひとつだけください。」

イタリアワインをこれだけ揃えている上に、お店の人の知識も豊かなワインショップは珍しく、オットは熱心に話しこんでいました。家を出た時点では2~3本買う予定だったのが、テーブルを半分回ったところで1ケースになり、結局2ケース(24本)買っていった我が家。さらに「おまけ」として発泡の白ワインを2本もらいました♪

f0028197_1529124.jpg

我が家からはシドニーCBDを挟んで反対側にある東部地区まで足を伸ばすことはめったにないので、Watson's Bayに寄ってお昼にしました。

f0028197_15292634.jpgWatson's Bayと言えばDoyle'sのフィッシュ&チップス。少々酔いの回っていた私は手にしていた魚をカモメに奪われました(怒)。食べ切れなかったからいいんですけどね。

f0028197_1535180.jpgほろ酔い気分のままビーチ沿いの遊歩道(ビーチはわん禁止!)を少々お散歩。明日の3kmウォークに向けて、今日は控えめなお散歩です。
ば・も「ぼーとがほしいです。」

f0028197_1691530.jpg軽いお散歩のためかエネルギーの余っていたDackiesは夫が酒蔵にワインを入れるのを手伝って見物していました。怖がり屋のMontyがここに入るのは初めてですが、Barneyは慣れたもので中々出てこず、最後はオットに叱られていました。
明日はいよいよMillion Paws Walk! 今夜は早寝になりそうです。

追:コメント欄の幅を広げ、小さなピカソダックス(Lump)のイラストを入れてみました。このテクを伝授くださったRIEさんに感謝です。
by dackies | 2006-05-20 16:16 | Sydney Life
FIFA World Cup 2006
ドイツ系オーストラリアわんのDackiesはサッカーが大好きです。日本とオーストラリアが同じ予選組に入った今年のワールドカップは、夫婦仲に亀裂を生じさせそうですが、Dackiesにどちらをサポートするか聞いたらあっけなく "Deutschland!"と答えてくれました。夫婦仲亀裂に親子の断絶・・・不安です(笑)。

と、重くなった心を軽くするため、気を取り直してお散歩に行きました。先週末ペットショップでおねだりされて購入したサッカーボールデビューです。あ、またサッカー・・・。

Dackiesとオットの2 on 1。f0028197_1812746.jpg

あ、写真を撮るのに夢中な飼い主にパスが通りません!f0028197_182112.jpg

とここまでは立派なサッカーだったのですが、後半に入っていきなりラグビーが乱入してきました。

飼「ピーッ!ピッピッ!ハンドリング!Team Daddyにペナルティシュート!」f0028197_1833262.jpg

ば「ぼくたち、いまはらぐびーごっこしてるんだも~ん♪」
も「えっ! そんなのきいてませんっ!!」f0028197_18452.jpg

日豪独のサッカー熱はしばらく続きそうです。
by dackies | 2006-05-17 18:08 | Dackies
Copper Anniversary
昨日は結婚記念日だったので、お気に入りのイタリアンレストランへ行きました。食べること大好き夫婦はプレゼントを交換しあうより、おいしいものを一緒に食べに行くことの方に興味があるという実例です(笑)。ここはワインのBYO可なのでハンターバレーの名門Marshのスパークリングを1本、キャンティの赤を1本、さらに焼酎を1本持参です。

へ、なぜイタリアンに焼酎? 実は前回両親と一緒にここに行った時、おいしいグラッパを試したかった父とグラッパファンのオーナーの間にグラッパ談義がたいそう弾みました。その会話の中で「僕は日本の焼酎も好きです」と聞いた父は「日本に帰ったらおいしい焼酎を送ります」とオーナーに約束したのです。残念ながらオーナーは昨日お休みだったのですが、話を聞いてものすごく感動していたオーナーの弟(「え、わざわざ日本から送って下さったのですか?」←彼もグラッパ好きらしい)に手渡してきました。感想を聞くのが楽しみです。

さて、料理に合うワインを持っていけるよう、事前にインターネットでメニューをチェックしていったのですが、「本日のスペシャル」を聞いて前菜が一品変更になりました。
f0028197_7313981.jpgヒラマサのカルパッチオ。オットは気に入っていましたが、生魚ですし、ちょっとお魚の匂いが強くて、私は一口でアウト。

f0028197_731512.jpg本日のスペシャル、帆立貝とカリフラワーピュレのタルト。これは絶品でした。カリフラワーの香りと帆立貝の甘さが、タルトというよりサクサクのパイにぴったりです。

写真を撮り忘れた(!)パスタは、わたりがに、ズッキーニ、トマトとプリザーブドレモンのスパゲッティ。私達は「アルデンテのこっち側」(かなり固め)の茹で具合が好きなので、「おいしいけど、パスタはアルデンテの向こう側ね・・・」と囁きあいました。これは家でトライしてみようと思いますが、その前にプリザーブドレモンを作らないと…。

ここでスパークリングが終わり、メインに向けてキャンティに切り替えました。

f0028197_7441389.jpgほろほろに柔らかいラムの肩肉ロースト(白ワイン、アンチョビー、ローズマリー風味)。時間をかけてゆっくり調理しないとこんなに柔らかくならないと思いますが、お肉はしっとりジューシー。謎が深まります(笑)。

f0028197_744272.jpgもう一つは豚ヒレ肉とフェンネルのタルト。前菜のタルトとは違って、こちらは歯応えのあるしっかりタルト生地の中に、フェンネルのピュレ、その上にこんがり焼けた豚ヒレが乗っています。これも絶品!

この辺りでカメラマンにすっかり酔いが回り、デザートの写真も撮り忘れました(笑)。ルバーブのsemifreddoのビターキャラメルソース(オレンジの香りがありました)に、これまた本日のスペシャルのデザート、りんごのタルト。食後酒も入る余裕がないほどお腹がいっぱい、とか言いながら、リモンチェロにエスプレッソまでしっかり飲んできました。

f0028197_7444679.jpg特別な日だというのを知っていたかのように(親ばか?)、出かける時は文句を言わず、留守中はテロ行為に走らず、とってもいい子にお留守番をしてくれたDackies。

by dackies | 2006-05-16 08:25 | Sydney Life
Dackies’ Scarves
昨年編んだDackiesセーターは本犬達にもオットにもたいそう不人気だったのですが、その残りの毛糸を見てふと思いついた(あきらめてないの?!)Dackies用マフラー。
f0028197_11312031.jpg
嫌がってすぐにむしりとるだろうと思っていたのですが、セーターほどは嫌ではない様子。ひょっとして、けっこう気に入っている様子と言っても過言ではない?? ←wishful thinking?

ば・も「『ははのひ』さーびすです。これでもうおしまいにしてくださってけっこうです。」
by dackies | 2006-05-14 11:32 | Dackies Collection