カテゴリ:Overseas( 20 )
We are All Home.
先週の帰国以来○○(←お好きな2文字をお入れください)忙しく、ずいぶん穴を開けてしまいましたが、飼い主sは日本より規定重量を10kg超過した密輸品満載の荷物を抱え、Dackiesは寄宿学校/林間学校/合宿/リゾートより少しだけいい子になって戻って参りました。

日本は楽しかった! 飼い主sはツマの父の古希をサプライズ・パーティーで祝った翌日(飼い主s二日酔い)東京から京都へ3泊4日の桜鑑賞ツアーへ出かけ、お気に入りの某所で痛飲し、帰路は伊東に一泊して部屋付き源泉かけ流し露天風呂で月見酒としゃれこみました。さらに那須ではイタリアン・バイキング(私みたいなお客さんばっかりだったら、ここ確実につぶれます・笑)のランチの後、元湯で茹だって地酒を飲み、帰宅翌日は国税局主催(!)の関東甲信越日本酒試飲会へ。この試飲会でオットは「今度来る時は新潟に行こう!」ときっぱり。そんなに新潟の地酒がお気に召しましたか・・・。
f0028197_20464021.jpg
ジャパン・ダイジェスト。左上から時計回りに:京都円山公園の桜、伊東の露天風呂、日本酒試飲会&那須の帰りに寄った川魚の店。

え? NZ以来飲み続けですって?? だって日本でこういうのが待ち構えていたんですもの(笑)。
f0028197_20444717.jpg
飼い主(ツマ)父によるセレクション。ココデ飲マネバ女ガスタル・・・。

そんな小旅行の合間には、昨夏お父さんになった幼馴染一家を招いてオージービーフのBBQランチ、オットは某大学x2でちゃっかりセミナーなんかしてお小遣い稼ぎ(本人はお金がもらえるとはまったく予想していなかったそうでかなり動揺していました・笑)、実家で父と酒盛り(あれ、また飲んでる?)と、強行軍で宮島~岡山~姫路~大阪~奈良~京都を周った4年前の里帰りよりはずっとのんびり過ごすことができました。

そして「開校以来最もしつけの難しかったわん」という名誉ある称号を獲得したDackiesですが・・・とりあえず、何か敷いてあって、おいしいものが口に入るなら座ります(爆)。この辺進歩なしですが、他には"stay"(待て)がかなりに"down"(伏せ)が少々できるようになりました。詳しくは続報にてお知らせします。
by dackies | 2007-04-21 20:57 | Overseas
Sakura, sakura
2年前の里帰りは「2月の気圧配置」だの「シベリアからの大寒気団」だののせいで見そこねた桜ですが、今回は大当たりです。お天気のよかった今日は亀戸~両国~浅草を巡る下町ツアーで墨堤の桜を満喫してきました。

亀戸天神では我が家にある浮世絵の現況を見てため息し、両国ではやっと訪れることのできた江戸博物館を堪能し、そこから私も初めて乗った水上バスで隅田川沿いの桜を楽しみながら浅草に向かいました。

f0028197_21102777.jpg
両国から勝鬨橋あたりまで下り、そこからUターンして浅草の桜橋に向かいます。


f0028197_21111916.jpg
今日がちょうど見頃とのことですが、平日ということもあってそんなに人出は多くなく、ゆっくり楽しむことができました。


と、飼い主sがほけほけホリデイしている間のDackiesは・・・すでにトレーナーに「いやあ~っ、これだけ躾が難しいのもそうそういないよ」と言われ、電話で赤面いたしました(笑)。Dackiesはペットリゾートと呼ばれるHanrobに預かってもらっているのですが、ここにはオーストラリアの空港で働くわん達を養成するので有名なトレーニングスクールが併設されています。3週間の長丁場ですから、これで気が紛れれば+もう少しお行儀のいいわんになればと思って、今回はトレーニングも申し込んだのですが、Dackiesの思惑は別のところにあったようです。

まずは基本から、ということでsit(おすわり)とdrop(ふせ)から始めたのが確か4~5日前のはず。しかし本日木曜日の時点で未だに戸外でのsitを拒否している上に、屋内に連れて行っても頑として動かず、トレーナーが床に古いタオルを敷かないと座らないとか(爆)。家ではタイルでもレンガでも芝生でも座るんですけど・・・さすがお坊ちゃま育ちだわ・・・と感心している場合ではありません。3週間sitだけで終わらないことを心から願っています(涙)。
by dackies | 2007-03-29 21:28 | Overseas
Japan!
ご無沙汰しております。飼い主sは無事日本上陸し、飲んだくれの日々を送っております。これから少しずつこちらも更新し、皆様のところにも伺いますね。
by dackies | 2007-03-27 08:05 | Overseas
Yet Another Packing & Moving
予想外に長くなったNZ出張もあと2日。それなのに今朝はまたお引越しでした。二番目の宿でちょっとだけ不愉快な出来事があって、それを昨日ちらっと社内のトラベルマネージャーに洩らしたら「ちょっ、ちょっと待って、そんなに大したことじゃないから、ね、ねっ??」とこちらがあわてるほど怒ってしまい、あれよあれよと言う間に一番最初の素敵なアパートメントに戻ることになったのでした。
f0028197_151332100.jpg
前回はワンルームのお部屋でしたが、今回は2LKのお部屋です。しかも道路に面していないので前よりずっと静か!

え? テーブルの上にあるのは何だって? いえ、たいしたものではございませんのよ、営業の人にお昼をごちそうになったのでそんなにお腹が空いていないから、軽くフルーツとチーズと一緒にワインなぞ、と思いまして…。
f0028197_1514051.jpg
NZに来て初めて食べた本場のキーウィフルーツは…オーストラリアで食べるのとまったく変わらない味でした(笑)。

by dackies | 2007-03-13 15:14 | Overseas
Cultural Day Out
近頃のワイン漬けの日々に反省し、本日は趣向を変えてNZ文化に浸ってみました。行きはよいよい帰りはこわい坂道を下ってバスターミナルまで歩き、オークランド市内巡回バスLinkでまずはK'roadに行きました。K'roadの本名はKarangahape Roadといいますが、夜はオークランド屈指の赤線地帯だそうです。(え、どこがNZ文化??) もちろん目的はストリップバーなどではなく、SYDオフィス同僚(ZakのDaddy)のお勧めのカフェです・・・が。

f0028197_1436571.jpgえ~っと・・・お店もバリスタもお客さんも超ハードコア(笑)。それ系の同僚がここを勧めてくれた時点で気づくべきでした。でもえらく古めかしいマシンで作られたコーヒーはものすごくおいしくてつい2杯目を頼んでしまい、一人浮く私は長居をするハメに。ええ、もう自棄でボールペンを耳たぶに刺したバリスタとおしゃべりしましたとも。

f0028197_14383997.jpgコーヒーブレイクの後はまたLinkバスでオークランド大学やオークランド市立病院、ライオンビールの醸造工場、ドメイン(大きな公園)などを経由して美術館にいちばん近いバス停で下車しました。こんな緑のトンネルをくぐって美術館へ。

オークランド美術館はもともと戦争記念館だったそう。展示物はお目当てのマオリ文化からもっと広域な南太平洋文化、自然史系、そして戦争史が中心です。
f0028197_14414131.jpg
オールブラックスが試合前にする顔のような彫刻に典型的な族長の家/集会所の様子。

f0028197_1451095.jpgこんな手彫りのボートでNZからバヌアツはてはサンタクルズ諸島まで行ったそうな・・・。食べ物はお魚を道々獲るとして、水なんかはどうしたのでしょうね。進行方向だって羅針盤などない文化のこと、星を頼りに方角を決めたのでしょうか。昔の海洋技術とこの船に乗って出かけた人達の勇気に頭が下がります。

たっぷりとマオリ・太平洋文化を吸収して、自然史(生きている虫・含むゴキブリ・・・やカエルやヒトデなども展示されています。子供連れにはいちばん人気でした)の階を楽しみ、最後に行った戦争史で見たのはなんと。
f0028197_14535885.jpg
本物のゼロ戦! 歴代のゼロ戦では最速のものらしいのですが、戦闘経験150回を超えるパイロットによる試験飛行を繰り返したのみで終戦を迎え、そのままNZ軍に引き取られたものです。右の写真はそのゼロ戦をどうやって美術館に収めたかを撮ったもの。

前身が戦争記念館なせいもあってか、戦争史のコレクションは第一次世界大戦から最近までしっかりカバーされていて充実していました。
f0028197_15221725.jpg
美術館内の大理石の壁には第一次世界大戦から始まりNZ出身の戦死者の名前が刻まれていますが、一面だけ名前のない壁があります。その下には「この壁には永遠に名前が刻まれないことを祈って」の言葉が。

その昔、といってもそれほど昔ではない過去に敵国だった国の出身者は少ししんみりとして帰路について、結局昨夜あけた赤ワインを空にしたのでした。え? 休肝日って何でしたっけ??
by dackies | 2007-03-11 15:27 | Overseas
... and more wine!
今朝宿替えをして移ったこのアパートメントは古い建物が醸しだすいい雰囲気もなければ、モーターウェイに面していて相変わらずの騒音なのですが、眺めだけは絶景です。昼間はViaduct Harbourが、夜はこんな夜景が楽しめます。
f0028197_19401580.jpg

お昼のフィッシュ&チップスが予想通りにもたれたので、遅くなった夕ご飯は軽くパテとパンとサラダとしました。
f0028197_1948256.jpg
お供は例のワインショップオーナー(ええ、彼とも知り合いになりましたとも・笑)お勧めのピノ・ノワール。試飲してから購入したワインです。こしょうが効いたパテに負けないだけの力があるワインですが、スパイシー過ぎず渋すぎず、AUが得意なシラーズのように重い赤ワインが苦手な私の好みのワインです。

え、なぜワイングラスで飲んでいないのかって? このアパート、前ほどキッチンが充実していなくてワインテイスティング用のグラスしかないんですよ。決してガブ飲み用ではありませんので、念のため。でも明日は休肝日にします(笑)。あ、それからボトルにはまだワインが半分ほど残っていますからね。
by dackies | 2007-03-10 19:54 | Overseas
A Day Trip to Davenport
予定変更で今週末もオークランド滞在になってしまったため、あわてて無料ガイドブックなるものを検討してみました。最初はオークランドからフェリーで30分ほどのワイヘキ島に行こうと思っていたのですが、ワインを飲みながら検討したためか「う~ん、確かにワイヘキ島ワイナリー巡りも魅力的だけど、NZD90ならあと3本ワインを買って関税・酒税払う方がいいなあ・・・うん、そうしよう、そうしよう」とあっさり方向転換。でもフェリーには乗ってみたかったので、オークランド市内対岸のDavenportという場所に行ってきました。所要時間約10分、往復でNZD9なり。
f0028197_13153165.jpg


f0028197_13174413.jpgこんな木造のコテージが立ち並ぶ海岸沿いの通りは現在ではけっこうな高級住宅地だそうです。目抜き通りにはカフェやギャラリーが軒を連ね、その先には海軍基地もあります。コテージの目の前の海にはヨットやスピードボートが行き交います。

f0028197_13205620.jpg観光情報センターに立ち寄り「歴史的散策路」の地図をもらったのはいいのですが、その昔の火山活動で起伏の多いこの町、ゆったりお散歩というよりは喘ぎながら坂を上るハメになります。なのでこの溶岩だけ見てとっととカフェのある通りに引き返しました(笑)。

f0028197_13252998.jpg
Brunch City Aucklandの名に恥じないブランチメニューからロゼとフィッシュ&チップスを注文。NZ人のフィッシュ&チップスの発音はAUでは散々からかわれるネタにされているのでぜひ本場の発音を聞いてみたかったのですが、ウェイターさんはあいにくワーホリ中のドイツ人でした。がっかり。

さすがの私もこのブランチは食べきれず、エスプレッソを飲んだ後、よたよたとフェリー乗り場に向かったのでした。
by dackies | 2007-03-10 13:31 | Overseas
A Change of Plan
え~と・・・本当なら今頃シドニーの我が家でオットとDackiesとのんびりしているはずだったのですが・・・NZ出張が延長になりました。とうぜんバリ会議行きはキャンセルです(涙)。

これは例の飛行機事故とはまったく関係なく、もろもろの要素が複雑に絡み合って月曜日に可能性が出始め、火曜日に打診され、水曜日には確実に決定となりました。昨晩お知らせする予定だったのですが、同僚宅にまたお邪魔し、ご主人手作りのおいしいディナーをごちそうになった上、同僚と二人でワイン二本を空けるという暴挙(だってバリのあのプールバーに浸かってカクテルを飲むはずだったのがパーですもの・涙)に出たので、更新がすっかり面倒になってしまったのでした。しかも現在泊まっているアパートが来週は満室ということで、明日は宿替え!

そんなわけで今日は退社後おつきあいで「軽く」飲みに行き、その後場所を変えて一人夕ご飯を食べに行きました。行き先はすっかり仲よくなってしまったワインショップの彼女が教えてくれた「オランダ」パブで「売り」はビール(AUではまだ見かけたことのないシメイビールなんかまで置いてあります)なのですが、まあワインリストの充実していること!

f0028197_18544999.jpg
ヨーロッパ風の内装もいい感じですし、早めの時間に行ったので女性一人でも(ええ、さすがのわたくしも一人では足を踏み入れない場所がございますの・笑。パブですとかお寿司屋さんですとか。)居心地のいい場所です。
f0028197_1857148.jpg
メニューから選んだのはFlemish Stew(「フランダースの犬」のFlemish)にすっかりお気に入りとなったワイン生産地Central Otagoのピノ・ノワールです。ビールを加えて煮込んであるというこのシチューは絶品でした。付け合せのマッシュポテトもじゃがいもの味が濃厚でおいしい。最初は「うわ~、食べきれないな・・・」と思ったのですが、1杯だけだったはずのワインが結局3杯となったせいもあり、結局お皿は空になりました。
by dackies | 2007-03-09 19:41 | Overseas
"One Way" Sibling Rivalry
今日もオークランドはいいお天気でした。
f0028197_1795754.jpg
こんなふうにオフィスから見える真っ青な空に誘われてお昼休みに街中を歩いていたら、おみやげ物屋さんにこんなTシャツを発見しました。

f0028197_1702245.jpg

左:「応援するのは二ヶ国、ニュージーランドとオーストラリアの対戦相手なら誰でも」、右「パパはボクが大きくなったら何をしてもいいっていうよ、オーストラリア代表にさえならなければ」

NZが持つAUへのこの対抗心は知ってはいましたが、まさかおみやげにするほどとは(爆)。さらにNZ人を煽り立てる理由の一つにはAUがスポーツにおいてこのライバル意識をほぼ完全に無視するところにあります。クリケットのライバルと言えばイギリス。NZお家芸のラグビーだって、2003年ワールドカップ準決勝で対戦した時は22-10でAUの勝ち。ふふんっ♪なわけです。その代わりAUにはもともとNZ出身の人や物をAustralianと言い張る悪い癖もございます。どっちもどっちなこのライバル意識・・・。
f0028197_1704333.jpg
店内で写真を撮って立ち去るだけではあまりにオーストラリア人っぽいかと思い、SYDオフィス用にはそれらしいおみやげを購入。このあたりの気配り、やっぱり私は日本人(笑)。NZ=Kiwiという短絡的なところも日本人??

by dackies | 2007-03-06 17:32 | Overseas
NZ Wine
今日もオフィスからの帰りにNZ Winemakers Centreに立ち寄ってきました。今回は1時間あまりお店の女性(ブラジル出身)とおしゃべり(ワインのみならず、サッカーからブラジルの日系移民まで!)した後、免税でオーストラリアに持って帰る分3本と、滞在中に飲むワイン2本を選んできました。免税分は空港まで無料配送のサービスありです。

アパートに着いて、パスタソースを火にかけて、さっそく開けたのはこちらの1本。お供はスモークチキン(先週からの残り)にアプリコットと洋梨のサラダです。お酢が異常に高額だったため、ドレッシングにはレモンジュース、砂糖少々、ワイン少々、オリーブオイルに塩コショウを使いました。
f0028197_15532358.jpg
飲んだ瞬間「ちょっと甘い?」と思ったのですが、後口はさっぱり。多くても2杯までと固く心に誓ったにも関わらず、気がつけば3杯目(笑)。

メインはスパゲティボロネーズにあわせてPinot Noirのこちら。
f0028197_15542227.jpg
これはちょっぴり「キンキン感」(?)が強くて、あと2~3年ほど寝かせたらもっとまろやかになるのでは・・・という気がしました。開けてしまったので滞在中には飲みきります(笑)。

by dackies | 2007-03-05 16:09 | Overseas