A neighbour visits.
オットは近所にお買い物に、ツマはお掃除なんぞしましょうか、と重い腰を上げた昼下がり。わわわわわわんっ!! と凄まじいDackiesの吠え声の合間に「〇〇! 〇〇!!」と飼い主(ツマ)を呼ぶ切迫したオットの声が聞こえてきました。

「いったい何事ですか??」と玄関に行くと・・・あらま。出かけ損ねたオットに取り押さえられながらDackiesにご挨拶を試みているのは迷子のジャックラッセルテリヤさん。吠えまくるDackiesを叱りつけながら、とりあえずお上がりいただいて、ささ、奥へどうぞ・・・とご案内しました。

f0028197_1849794.jpg
じ(仮)「いえ、けっしてアヤシイ者ではございません。よく晴れた日曜日、ちょっとご挨拶まわりに出ようとおもいましてね。いやあ、それにしても今年は暖かい冬ですねえ。」
ば・も「・・・(なんだ、コイツ! なれなれしいぞ!!)・・・」

f0028197_1849223.jpg
じ「 あ、いえ、そんなつもりでお伺いしたわけじゃありませんので、おやつはけっこうですよ。お心遣いだけありがたくちょうだいしておきます、はい。」


f0028197_18493960.jpg
じ(仮)「いやあ、暖かい裏庭、うらやましいですなあ。日向ぼっこに最高ですね。」

革の首輪に電話番号が刻印してあるのが何とか読み取れ、電話してみたらなんとこの子がいなくなっていたことにも気がついていなかったらしい飼い主さん(怒)。5分後やってきたのは、向かいの家の裏に住む人達でした。向かいの家が境界のフェンスを直しているそうで、一部穴が開いているのに気がつかなかった、とのこと。ふーん、それって単なるXXじゃありませんことっ(怒)。

先方は恐縮しきって引き取って行きましたが、確かあの家のわん2匹がお散歩に連れて行ってもらっているのを見たことがないような・・・。JRTのようなエクササイズ大好きわんを閉じ込めておけば、そりゃ脱走もしたくなるでしょうよ。今度お散歩に誘ってあげたいなあ、と思う飼い主sですが、Dackiesの賛意が得られるかどうか。微妙です。
by dackies | 2008-08-03 19:07 | Sydney Life
<< Bank Holiday These little Da... >>