More freedom, more responsibility.
相変わらず「シドニーわん界の裏事情通」と呼ばれて(誰に?)いる(らしい)Barney。今日も煙突のある公園で何やら情報を得たようです。
f0028197_16291210.jpg
ば「うそっ、マジ??」

そんな言葉使っちゃいけません!

f0028197_16295118.jpg
ば「じぶんのめでたしかめるまでしんじられません。」

f0028197_1631093.jpg
Barneyがつかんだ情報とはこれだと思われます。数ヶ月前にオフリーシュでわんと散歩ができる公園の数、オフリーシュOKの時間帯延長が発表されたのですが、我が家から近い煙突のある公園は「北側の運動場だけオフリーシュOK」から「児童公園近辺を除いてこの公園内はいつでもどこでもオフリーシュOK」に格上げとなりました。

ただこの改正が通って以来、小さな子供を持つ親グループとわんオーナーグループの間でかなりの対立があり、中には「犬じゃなくて子供を金網内で遊ばせろ」とか「公園にガラスの破片入り肉を撒いてやる」など醜い意見も飛び交ったようです。

もちろん飼い主sにとっていちばん大切なのはDackiesの幸せと安全です。いきなり走り寄ってきた子供に怯えて自己防衛で噛んだ、っていう言い訳は通りませんから、ここに遊びに行く時もこれまで通りリーシュは携行し、子供は避けるつもりです。

f0028197_16492852.jpg
ば「かもりょうかいきん! ひとわんにつきいちわまで、ってあれはガセネタだったのか・・・。」

か「クワッ、クワッ、クワッ(笑)。」

by dackies | 2008-07-10 17:04 | Sydney Life
<< Back to the fou... We have a guest. >>