Mummy's cooked out.
午前中に買い物を済ませ、ランチのパンを仕込んだ後はDackiesのリクエストで堅焼き鶏ごまビスケットを焼くはずだったのですが・・・2日間煮込んでゼリー化していた骨スープをちょっと溶かすつもりで火にかけたのを放置してしまい、気がつけば一部黒焦げ・・・(涙)。

f0028197_208178.jpgば「なきたいのはぼくたちです。」

追い討ちかけないでちょうだいっ・・・。


f0028197_19394685.jpg気を取りなおして焼いたリコッタとシルバービートのパン。このシルバービート、夫婦で名称の見解が違います。ツマは「silverbeet」もしくは「chard」と言い張り、オットに言わせるとこれはspinachであり、日本でいうほうれん草はEnglish spinachだと両者譲りません。このパンがおいしかったことだけは意見が一致しましたが(笑)。


f0028197_19435318.jpgパンランチの後、飼い主(ツマ)が大汗かきながら火にかけたのはこれ。さて、なんでしょうか?


f0028197_2084813.jpgも「このかほりは・・・えーっと、ほら、あれですよ、あれ、ぼくがごはんにいれるのがだいすきな、まっしろくてやわらかくてたんぱくしつがほうふな・・・」


f0028197_19461089.jpgもうおわかりですね。答えは大豆です。水に漬けておいた大豆をミキサーですりつぶし、それを煮ているところが上の写真。これは試しに作ってみたざるならぬ茶漉し豆腐。これがお豆腐なら今まで食べていたのは一体何だったのというぐらいおいしかったです(自画自賛っ)。


f0028197_1957540.jpgせっかく濃い豆乳を絞ったのですから、湯葉にも挑戦! まさかオーストラリアで生湯葉を食せるとは思ってもみなかった飼い主(ツマ)はもちろんのこと、京都で味わって以来"TOFU SKIN"(←オットはこう呼びます・笑)ファンになったオットも大喜び♪


f0028197_19592835.jpgでも、飼い主(ツマ)がわざわざこんなことをした本当の理由は・・・卯の花を食べたかったから(笑)。お豆腐は買えますし、湯葉だって乾燥物なら手に入りますが、おからは見たことがありません。噂によるとシドニー西部の豆腐工場の裏口で(笑)売ってくれるそうですが、場所は知りませんし。関西風にだしで炊いて、ああ満足♪


f0028197_200629.jpgば「Mummy! ぼくたちのこんしゅうのおやつはどうなったんですか?!」

はいはい、ビスケット失敗を挽回するために、ちゃ~んとプランBがありますよ。


f0028197_2021292.jpg困った時のチキンチッピー頼み(笑)。

一切れずつ味見のあとはきっちりしまって、ちびdackieに見張っていてもらいましょう。

ち「ぬすみぐいはゆるしません。」

by dackies | 2008-01-20 20:17 | Sydney Life
<< Walkie in the r... Rained in Dackies >>