Battle without honour.
世間がMelbourne Cup(オーストラリア最大の競馬)に浮かれている頃・・・Dackies家では新たな台所侵入者(=来年の干支)との仁義なき戦いに備えておりました。Ainsleyを倒した後、「無名の兵士」をBarneyが退治し、Barry aka Bazzaをオットが三晩目にして捕獲した数日後、無料チーズを楽しんでいるのは・・・Baby John [←命名・飼い主(ツマ)]!

f0028197_19124792.jpgも「だいじょうぶです、ひっさつしかけわんのBarneyがかならずつかまえてくれます。いままででさんけん、せいこうしてますからね。そのぶん、れいきんは100レバビとたかいですよ。あ、うち50レバビはまえわたしでおねがいします♪」

元締、そうはおっしゃいますが、その仕掛わんの先生はこんなことしてますぜ・・・。

f0028197_191398.jpgば「・・・(むがのきょうち)・・・」


f0028197_19132952.jpgも「・・・(汗)・・・10レバビ、うち5レバビはまえわたしでてをうちましょう。」

本当に信じていいのか不安ではありますが、歴代の侵入ねずみの中でもいちばん小さいと思われるBaby Johnは、体重が軽すぎるせいか罠にかからないまますでに四晩連続で無料チーズ堪能中。とりあえず元締Montyを信じることにして、Barney浪人に仕掛を依頼しました。前渡しは2レバビ、残りは成功報酬ということで(笑)。

f0028197_19174226.jpgば「みまわりちゅうにござる・・・よし、ここはいじょうなし、と。」

せ、先生、そんな簡単な見回りでいいんですかい? いや何も先生を疑っているわけじゃあござんせんが・・・。


f0028197_19183387.jpgば「せっしゃがいちどひきうけたからには、おおぶねにのったつもりでいていただきたい。」

・・・何となく泥舟に乗ってしまったような気がするんですが(笑)。今夜こそオットの罠がうまくいくことを期待しましょう。ねずみ相手の仁義なき戦いはまだ続きそうです。
by dackies | 2007-11-06 19:25 | Sydney Life
<< Expectation and... Barney's (s... >>