What's cooking?
気分的には「もう10月??」ですが、お天気はまだ10月(南半球は春)だというのに夏のような31°C。しかも空気がバリバリに乾燥していて、息を吸うと鼻が痛くなります。こんな陽気では山火事が心配だと思っていたら、案の定シドニー郊外2ヶ所で発生していました。山火事の季節が年々早まってきているようです。

こんな暑い日に、Dackiesのもっと熱いまなざしを浴びながら、西日が当たって外より暑い台所で飼い主(ツマ)がした事といえば・・・おかずの作り置き(笑)。左上から時計回りに:唐揚げ、照り焼き、ホイル焼き用に下拵えした鶏もも肉、茹でたアスパラとほうれん草、しょうがと長ネギと調理酒で下味をつけた豚バラ、そして大量のボロネーズソース。
f0028197_19401542.jpg
この他、豚バラの残りは豚コマに変身させ、茹でインゲン、鮭フレーク、とんかつ、鶏つくねの生地も作りました。


f0028197_19421151.jpg冷凍庫はすでに満員御礼、冷めるのを待っているボロネーズソースをいったいどこに収めようか悩んでいます。

ば・も「はいりきらないぶん、ぼくたちがいただきましょうか?」

いいえ、遠慮しておきます。毒ねぎも入ってますし・・・。

え、こんなに大量に作り置きしたのは暑さで頭がおかしくなったから?? う~ん、惜しいっ(笑)! ではなくて、来週から再び栄光の「バイト主婦」に復帰するからです。そう、飼い主(ツマ)はとうとう再就職しました! 今までの経験を生かしながらも移動したい業界に足を踏み入れることができた上、「働きたい会社」アンケートでいつも上位を占める企業と相思相愛になれ、新しい知識やスキルが学べる職種が得られたので嬉しくてたまりません♪

働いていた時はこうやって主菜の作り置きをしておいて週に1~2回の給食当番を担当していた飼い主(ツマ)。ここ数ヶ月ホリデイ気分を楽しんでいた我が家の総料理長(オット)にいきなりフルタイムで夕食準備をさせるのも酷かしら、と鬼ツマにしては珍しく仏心を出したとお思いですか? そうなんです、と言いたいところですが、実は今日の下拵えには赤身の肉が一切ありません。どうしても解凍時に肉汁が出るのと、こういうオット得意分野を残しておいてヤル気を起こさせようという実にマキャベリ的発想(笑)でわざと外してみたんです。

f0028197_19425944.jpgば・も「ぼくたちのおやつのつくりおきもおわすれなく!」

もちろんですとも! でも、オーブンつけても熱中症にならない程度に涼しい日までお待ちいただけませんか?

by dackies | 2007-10-01 19:48 | Sydney Life
<< Has Mummy becom... Dackies' Ch... >>