Maybe ... just maybe
何となく寒さの和らいだ今日の午後はうっかりDackiesと一緒にお昼寝してしまい、お散歩に行きたくてうずうずしているMontyに顔を掘られて目が覚めました。もうすぐ薄暗くなる時間だったので、歩いていちばん近くの公園までお散歩です。玄関前で座り込み、道路の角で立ちつくし、と相変わらずヤル気のないBarneyはオットに一喝されてしぶしぶ歩き始めました。

f0028197_20314214.jpgば「あるけばいいんでしょ、あるけば。」

ヤル気が出たわけじゃなくて、むくれてるのね。

公園に着いて芝生エリアに行くと、こちらのBobさん(仮名)がDackies目がけて突進! 「ひ~っ、殺されるっ!」(←大げさ)と思った飼い主(ツマ)はオットに「早くMontyを抱きあげてっ!」と叫んだのですが・・・あれ? 吠えてるし背中の毛は逆立っているけど・・・大丈夫みたい??

f0028197_20331788.jpgぼ(仮)「あなたがこの子達のお父さんですか、いや、どうもはじめまして。ぼくの父はあそこでゴルフの練習してるんですけどね、あなたもゴルフなさいます?」

ば・も「Daddyとおはなししてるあなたは・・・いぬさん? それともトラさん??」


f0028197_20335711.jpgぼ(仮)「落ち着きましたか? いやそれにしても君たち声が大きいねえ、びっくりしちゃったよ・・・あれ、どうしたの?」

ば・も「!!!」


f0028197_20361030.jpgまあ、Russellさん(仮名)!

ら(仮)「はろ~っ! ここにくるの、はじめて? いいこうえんだよねっ。」

ば「(おずおず)こんにちは。」

も「こんにちは、ぼくMontyといいます。」

和やかな雰囲気の中Bobさん(仮名)とRussellさん(仮名)は去って行ったのですが、飼い主(ツマ)は反省しました。Dackiesがまだ数ヶ月の時にBarneyがスタンダードのダックスフントに噛まれて以来、元気なわんを見ると避けてしまう自分の態度もBarneyの「わんぎらい」に拍車をかけたのではないかと。Barneyが吠えなければMontyも吠えないのですから、ここはひとつ様子を見ながらBarneyを「温室」から出さなきゃいけないなあと思った飼い主(ツマ)でした。

f0028197_20364220.jpgば「すてきなぼうをみつけたのですが、どなたかきょうみのあるかた、いらっしゃいますか?」

そうそう、その調子! 今度は仲よく遊べるといいわね。

by dackies | 2007-07-23 20:53 | Dackies
<< Dackies play tag Dackies' ne... >>