Duckies 1 - Dackies 0
今日は最低気温6℃、最高気温16℃とシドニーにしては冷え込んだ一日でしたが、元気なDackiesと飼い主(ツマ)は不元気な飼い主(オット)と共に先頃発見した池のあるお散歩道を再訪しました。池で見かけた鴨のDuckiesに餌付けをしたくパンくず持参です。Barneyがせっかく「おそとはさむいから、ぼくとおうちでぬくぬくしましょうよ」と申し出てくれたのに、その提案を蹴ったのはオットです。風邪が悪化しても知らないから・・・。

f0028197_1983846.jpgも「わー♪」

ば「きゃー♪」

寒いせいかほとんど人影のないグラウンドを思いっきり走り回らせて、Dackiesの興奮状態が落ち着いてから池の方に向かいました。あまりに元気だとDuckiesにちょっかい出しかねませんからね。

こちらがくだんの鴨夫妻。パンくずに興味を見せながらも水際に寄ってはきません。

f0028197_1917894.jpg鴨オット「いただきたいのはやまやまですが、そこに目を輝かせて舌なめずりしている犬がいますんでね・・・」

鴨ツマ「君鴨危うきに近寄らず、っていうんですよ。」

オットの「Barney!」という叱り声ではっと足元を見ると、Barneyは胸まで水の中・・・。


f0028197_19404786.jpgば「グルメディナーをいただきたかっただけなのですが、ろこつすぎたようです。ほかのさくせんをねってみます。」

作戦など練らずともよろしい! 鴨猟はプードルさんにお任せしておきなさい。
by dackies | 2007-07-14 19:45 | Sydney Life
<< Walkie with Monty Quality of Meals >>