Healing Dackies
私が「オーストラリアン・ぽつぽつ・おねつ」にかかった時に手厚く看護してくれたHealing Dackies。オットの怪我にも大活躍中です。

ば「たいいんしてふつかめのDaddy。シャワーをあびるのがまだむずかしいようなので、ぼくがおてつだいのためにスタンバイしています。ついでににっこうよくもしています。おひるごはんもつくってあげようとしたのに、Daddyはじぶんでできるといいはってました。ツナサンドのおしょうばんにあずかろうとおもっていたのに、ざんねんでした。」
f0028197_18535895.jpg

も「おともだちのノエルさんとヴェルデくんがおすまいのビクトリアしゅうや、シドニーの『あおいおやま』というところでは、ゆきがふるほどさむくなったきょう。Daddyがあたたかくすごせるよう、Mummyがせんしゅうしまったブランケットをもってきてあげました。あとはぼくがあのギプスというもののうえにねてあげれば、いっそうあたたかになるはずです。」
f0028197_1933196.jpg

心配性のツマは「神様仏様、お願いですから松葉杖関連の事故がオットにもDackiesにも起きませんように・・・」と祈っております。もう何が起きても驚きませんが(笑)。
by dackies | 2006-11-15 19:12 | Sydney Life
<< Yet Another Inc... Surgery One Day... >>