New Year's Day in Sydney
昨日は最高気温が45℃に達したほど暑いお正月でした。各州の消防隊はあちこちに燃え広がる山火事を鎮火しようと、お正月どころではなかったようです。

予想で39℃が出た時点でお雑煮はあきらめたのですが、それにしても台所の気温は50℃近かったと思います。みんな溶けかかっている中、母は淡々と食事の準備。でも余った海老を叩いてしんじょを揚げ始めたときは「とうとうこの暑さが頭に来たか?」と一同不安になりましたが。

通常私の日本の実家の元日は午前7時にお酒で乾杯に始まり、朝ごはんがメインになるのですが、オットにそんな早起きは無理な上、あの暑さでは誰も食欲がなく、結局39℃ぐらいになった午後7時30分頃からやっとメインのご飯を始めたのでした。両親が日本から持って来てくれた玄宰の特別バージョン(これは逸品!)をちびちび飲みながら、生がき、ひらまさのお刺身、えびしんじょとサトイモの揚げ物、かぼちゃの煮物、えびと冬瓜の冷やしスープなどであっさり済ませました。

いつものご飯と変わりないかもしれませんが、こちらでおせちをとなるとまず(1)材料が手に入らない(2)手に入るものは高い(3)和食屋さんで数量限定予約制で作るところもあるが、あれだけのお金を出すならもっとおいしいものがいくらでも食べられる(4)私の食べられるものがかまぼことなますぐらいしかない、などいろいろ難ありなので、結局こんなラインに落ち着きます。

来年のお正月は日本がいいなあ・・・稼がなきゃ・・・
by dackies | 2006-01-02 10:43 | Sydney Life
<< Vets in Sydney Meltdown Barney >>