Return of Japanese Night
二夜に亘って開催されたItalian Nightsへの返礼として、今夜は私が和食の夕ご飯を用意しました。と言っても決して自発的に申し出たわけではありません。昨夜の「明日は飲茶に行こう」に始まり、今朝の「今日はアジアご飯の日にしよう!」で明確になったオットの「今夜は君が夕ご飯を作るべきだと思う」という意図に押し潰されたからです(笑)。

という訳で、今日の食事をまとめると「シドニー発香港・ロンドン経由東京行き」となります。朝は飲茶、(欲しいものが全部タイミングよく回ってきた上、サービスはおでした♪)、午後はDevonshire Tea、夕ご飯は寄せ鍋と、慌しく約9時間で世界ほぼ一周して参りました。

今晩の一本
f0028197_19424643.jpg会津は末廣の手作り大吟醸、嘉永蔵。秘蔵の一本をとうとう開けました。買ってすぐ飲んだ分はボディがあるのにどこか柔らかい、末廣で使っているお水と同じ性格を持ったお酒でしたが、数年経った今はきっぱりとした中に丸みのあるお酒になっています。日本酒はワインと違ってボトルで寝かせられないと思っていましたが、蔵元さんの「うちのは熟成します」との言葉を覚えていたオットの記憶の方が正しかったです。訳していたはずの私はまったく覚えていませんでした(笑)。

今晩の夕ご飯
f0028197_19431168.jpg
「Paddy'sで野菜が買えるし、Burlingtonでお肉とお魚が買えるし、キッチン寒いし、そうだ、鍋にしよう!」と安易に決まった今年初めての鍋ごはん。200gって言ったのに500g近くred fishを売りつけた魚屋のあなた。次回は必ず気がついて文句言いますからね(笑)。準備を始めるまで気がつかなかったので、考えあぐねて、これまた安直に半量をつみれにしました。昆布、かつおぶしと鶏ガラでスープを作り、具は他に鶏のつくね、鶏もも肉、豆腐に野菜にきのこなどを入れました。オットが「太った気がする」とぼやいていましたが、私も脇の下ぐらいまでお腹がいっぱいです(笑)。

「昆布、かつおぶしと鶏ガラスープの匂い=お腹の調子が悪い時にもらえるあのおいしいもの」と条件付けられてしまったDackiesは予想通り、食べ初めから食べ終わりまで絶え間なくおねだりし続けました。長ネギもお塩も入った人間用鍋は当然だめなので、心を鬼にしてNOと言いましたが、Montyの傷ついた表情にまだ動揺してます・・・。

今晩のDackies "Rebel with a Cause"
f0028197_19444164.jpg
ば・も「MummyもDaddyも、ぼくたちのだいすきなあのとりすーぷごはんをひとくちもくれませんでした。ぐれてやる!」
by dackies | 2006-05-28 19:47 | Sydney Life
<< Monty's Dream Italian Night P... >>