Mini Return of Imelda
突然の怪我から1週間。おかげさまでMontyの傷口にはきれいなかさぶたができました。オット曰く「Montyの治癒力はすごいなあ、今朝より傷が小さくなってるぞ」ですが、そんなはずありませんてば(笑)。
f0028197_18301499.jpg
も「Mummy、これはぼくのブタさんですからむしらないでくださいね。」

う・・・かさぶたむしりが大好きな飼い主(ツマ)、いつも治りきらないうちにむしっては出血、を繰り返してしまいます。あ、でもMontyのブタさんには手を出しませんよ・・・たぶん(笑)。

Montyも大丈夫なようだし、じゃあちょっとお出かけしても大丈夫ですね?
f0028197_18342015.jpg
ば「・・・いやっていってもどうせおでかけになるんでしょ? いいですよ、ぼくはひなたぼっこしてますから。」

あ、日焼け止め、塗っておきましょうね。

Dackiesを連れて行けない飼い主sのお出かけ先は、我が家から南西にある、とある街X。目的は飼い主(ツマ)の眼鏡リニューアルです。この日系の眼鏡屋さんは以前シドニー中心街にもあったのですが、いつの間にか閉店していたので、仕方なくここまでお出かけしたのでした。え? トルコ人に髪を切ってもらえる人がなぜ眼鏡は日系?? ド近眼なので、超薄型レンズができる日本にレンズ発注してくれるここがいいという、それだけの見栄っ張りな理由です(笑)。
f0028197_1855135.jpg
こんな↑ところまで(というほどは遠くありませんが、気分的に遠い街です)行ったというのに、10年振り(汗)に検眼してもらって老眼が始まっていることが発覚したというのに(9つ年上のオットは昨年まで始まらなかったというのに!)、気に入ったフレームが見つからなくて無駄足(涙)。その間オットはデパートでポロシャツ3枚購入してホクホク顔(怒)。

すっかりどんより気分で「Xってサイテー」とブチブチ文句を垂れてみる飼い主(ツマ)を励まそうと思ったのか、「せめて飲茶でもしていかない?」とオットが提案してくれたので、「じゃあ♪」とその気になったのですが・・・シドニー南部随一の飲茶タウンといわれる街なのに、中国語の看板だらけなのに「飲茶」の二文字が見つからないっ! 「やっぱりXってサイテー、もう絶対来ないっ!」とキレかかった(笑)時に通りかかった一軒のレストランを覗いてみると・・・ああっ、蒸篭が周っているっ! LET'S GO~~~!!!

飲茶の看板も出していないのに、店内は中国系で大混雑。白人はオット一人でした。入店時には先客が15人ほど待っていましたが、10分ほどでテーブルが空きました。

f0028197_19141790.jpgお約束の蒸し物の他にも、クラゲと鶏肉の涼拌とか(←激ウマ)、きゅうりの上海風漬物(←持ち帰り用にもう一皿頼みました)おいしいもの続々♪ しかもいつも行く中華街の飲茶屋さんより味が好みで、お値段はいつもの6割ほど+ショッピングセンター駐車無料。この時点で飼い主(ツマ)のXの評価が50ポイント上がりました(笑)。


f0028197_1949199.jpgさらにショッピングセンター内で飼い主(ツマ)サイズの靴発見! 大学時代は悪名高い某国大統領夫人にあやかったあだ名がついていたほど靴好きなのですが、日本でも小さいサイズの22cmはこちらでは立派な子供サイズ→でも子供靴売り場には7.5cm以上のヒールはない→靴は帰国の度にまとめ買い。
ぴったりサイズだったこちらの2足をお買い上げ。サンダルは見切り品でなんと5ドルでしたよ。飼い主(ツマ)のXの評価、さらに60ポイント上昇(笑)。

さらにさらに、近所のショッピングセンターから撤退してしまったトルコ料理のデリも発見したし、食料品は安いしで「X」はすっかりお気に入りの街になりました♪
f0028197_19534566.jpg
ば「Mummy、それってあんいすぎませんか?」
も「せんか?」

聞こえな~い(笑)。しかし今日のショッピングで今まで抑えていた靴への欲望が復活してしまって、それだけはちょっと困るかも・・・。

by dackies | 2009-11-21 20:01 | Sydney Life
<< Melting Dackies... Monty's bee... >>