Bye-bye, J-Nanna; thanks for all the walkies.
元々の予定では先月27日に帰国するはずだったのですが、お留守番に孤軍奮闘中だった飼(ツ)父の「もうちょっとのんびりしてきたら?」との優しい言葉にすっかり甘えて1週間シドニー滞在を延長した飼(ツ)母。飛び立つはずだった日曜日夜に体調を壊し、結局昨晩のカンガルー便で帰国しました。そんな理由で今朝の無事到着を確認できるまではブログの更新をしかねておりました。

f0028197_1859842.jpg
ば「J-Paがたのしみにしていらしたラムさんがかえなくてざんねんでしたね。」

そうなんです。現在というか昨年から(笑)シドニー国際空港は大掛かりな改装中で、飼(ツ)両親御用達の生鮮食品のお店は現在搭乗客のみ入れるエリアで細々開店。しかも飼(ツ)母の搭乗口からお店までは行き来できないと空港職員の方に言われてがっかりでした。


f0028197_193529.jpg
も「Mummy、J-Paにほかのおみやげをかっておいてよかったですね。」

今だから白状できるのですが、飼(ツ)母のスーツケースには免税範囲を超える量のお酒(規定量ワイン3本の他にリキュール1本、オットがギリシャから父のために買ってきたウーゾも紛れさせました・笑)、さらには成田の検疫を通りそうにないオーストラリア産チーズ、パテ、アンティパスト各種を発泡スチロールのクーラーボックスに詰めるという暴挙に出た飼い主(ツマ)。スーツケースが重量オーバーしそうだという予感があったので、チェックインカウンターの方にことさら愛想を振りまき(爆)、ほぼ満席というのに重量オーバーした約4kgには目をつぶってもらったのでした(笑)。

by dackies | 2009-07-09 19:25 | Sydney Life
<< Cast Iron Dackie Egg no more. >>