Dackies Visit the Vet
Montyは普通のpoo状態に戻りましたが、Barneyは昨夜のおじやを吐き、今朝作った葛練りを吐き、pooは柔らかいどころか液状になってしまいました。こういう時って犬も顔色が悪くなるんです。げっそりしたBarneyを抱え、一人でお留守番ができないMontyも連れて朝一で獣医に行きました。

吐き気を止める注射を打ってもらったのはいいのですが、抗生物質を出すというのが引っかかり、「抗生物質は本当に必要ですか? これだけ消化できないでいるのに、薬でさらに胃腸が荒れませんか?」と聞いてみました。すると急に言い訳がましく「いや本当に原因を突き止めたいなら、異物を飲み込んでいないかX線を撮って、血液検査をして、便検査をすることになりますけど。そこまで神経質だって言うなら検査は何でもできます。」って。

ぶちっつ 。そんなこと聞いてないでしょー!

「この子は子犬の頃から数え切れないほど異物を飲み込みましたけど、たいてい食事と一緒に吐き出すか、違う方から出すかしてきました。ただ現在の時点でプロとしてのあなたがどうしても血液検査やX線や便検査が必要だと信じているなら、必要な検査を全部やって下さい。私が知りたいのは抗生物質が下痢や嘔吐の症状にどういう効き目があるのか、それだけです。」獣医の目を見据えて(ガン飛ばして?)ゆ~っくり低い声(=怒)でもう一度尋ねました。

聞いてよかった! 獣医ははっとしたような顔で「たぶん胃腸炎を起こしていると思いますから、炎症を抑える薬は効くと思います。そうですね、じゃあ抗生物質の種類を炎症を治めるタイプに変えましょう。」じゃあなんだ、もともと必要ない薬を出すつもりだったの?? うっき~っ!!(←申のストレス反応)

そんなわけで今日はお家でのんびりの日になりました。飼い主はたまりにたまったファイリングを終わらせることができました。Montyにはかわいそうだけどお散歩もパス。Barneyは今日一日絶食なので、夕ご飯時が大変でした。朝ご飯の残りのおかゆをもらったMontyはハッピーはハッピーでも何でBarneyが一緒に食べてないのか、気がかりな様子。「どうしてぼくはごはんなし?」とあまりにも悲しい顔をしたBarneyを見て、「そういえばこの子お水も全然飲んでない」と思い、湯冷ましに蜂蜜としょうがをちょっとだけ落としたのを作って飲ませました。その後30分観察し、吐かなかったのでちょっと安心しました。明日の朝は重湯ぐらい飲めるといいわね・・・
by dackies | 2006-03-05 17:53 | Dackies
<< Barney Admitted... Weekend! >>