About Monty
怒涛の1週間でしたが、やっと落ち着いて文章にできるようになりました。

クリスマス前にMontyのお腹にちょっと盛り上がったほくろのような物が見つかりました。行きつけの大学病院がすでに年末年始休暇で閉まっていたので、気に食わない獣医で一応検査してもらったところ「今のところ良性腫瘍ですが悪性になる可能性もあるので観察していてください」とのこと。気になったまま忙しさにかまけて2ヶ月放置していたのですが、何だか大きくなっているような気がしたので先週の火曜日に大学病院に連れて行きました。
f0028197_19323153.jpg
Hunter Valleyのコテージで。この旅行の後に腫瘍を見つけました。


いつものように獣医学部実習生による丁寧な予診のあと獣医さんに診てもらったのですが、どうしても診断名が思い出せなかったことと、信用していない動物病院の検査結果を鵜呑みにしたくなかったので、もう一度生体検査をすることにして金曜日の予約を入れて帰りました。

そして金曜日の朝。Montyを預けた後、以前の検査の結果を前の獣医に問い合わせてくれた大学病院の獣医さんから「良性の黒色腫という診断でしたから、もう一度生体検査を繰り返すよりは手術で取ってしまって組織検査に出すことをお勧めします。黒色腫の良性vs悪性の診断は顕微鏡でつきにくいですし、一度悪性になると転移が早いので・・・」と電話が入ったので、迷わず切除を選びました。前夜から右目をしばしばしていたのも入院時に伝えておいたので、それも一緒に診てもらうことに。

幸い麻酔も手術も成功、金曜日の夕方無事帰宅できました。腫瘍の組織検査の結果が出るまで1週間~10日。一緒に診てもらった右目は染色検査に反応が出たので「何かで目をついたのでしょう」ということでしたが、気になるのは左目。光を当てても瞳孔が開いた状態になっているので、再診の時にもう一度検査して、必要であれば眼科専門医に診てもらうこととなりました。

そんな理由でこの週末はおとなしく家で過ごしていたのですが、今日の夕方になって「いいかげんおさんぽにいきたいです」と本犬から注文が出たので、近所の公園まで軽く歩いてみました。足取りもしっかりしていていい感じです。
f0028197_19223083.jpg
も「はやくよくなるよう、おやつをください。」

長い1週間になりそうです・・・。

by dackies | 2009-03-01 19:35 | Dackies
<< Monty is gettin... Sunny Sunday >>